ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS

さようなら家具のまち

50年前の大町六丁目

いまからおよそ50年前の秋田市大町の様子です。

当時の大町は、秋田の経済の中心地。

メインストリートを歩行者天国にして大規模な夏祭りが開かれるなど、活気であふれていました。

いまでは夜の歓楽街となった、大町。

客足の減少に追い打ちをかけるように道路の拡幅工事が始まり、昔ながらの商店は次々に姿を消しました。

明治創業の家具店も、この場所で最後の営業日を迎えました。

昭和の時代には家具店がひしめき合い、「家具のまち」と呼ばれた、大町六丁目。

気付けば、最後の1軒となっていました。

今日の特集は、家具のまち、最後の一日に密着。

時代に翻弄されながらも歩み続ける、5代目社長の思いに迫ります。

 

カワシマリビング外観

秋田市大町六丁目の家具店、「カワシマリビング」です。

世界各国から取り寄せたオーダーメイドの家具をメインに、素材にこだわった高級家具を販売しています。

 

川嶋正夫社長

5代目社長の、川嶋正夫(かわしま・まさお)さん。

家具や素材の知識が豊富で常連客からの信頼が厚い、名物社長です。

明治14年創業のカワシマリビングは、いまからおよそ50年前に、「桐タンスの川島」として秋田市大町に店を構えました。

当時小学生だった川嶋社長。

この町とともに成長し、町の移り変わりを見守ってきました。

 

カワシマリビングCM

多くの家具店がひしめき合い、「家具のまち」と呼ばれていた、当時の大町6丁目。

時は高度経済成長期。

「家具のまち」大町6丁目には、11の家具店が軒を連ね、上質な家具を求める客で連日にぎわっていました。

しかし、バブルが崩壊し、郊外には複数の大型家具店が出店。

家具のまちは、当時の勢いを失いました。

家具のまち最後の1軒となった、カワシマリビング。

工事の影響で、大町から移転することが決まりました。

 

6月23日。

「カワシマリビング」、大町6丁目での最後の営業日を迎えました。

閉店まで2時間。

「カワシマリビング」大町店、最後のお客さんがやって来ました。

確かな品質ときめ細かな接客で、50年間、大町の人たちに愛されてきた、「カワシマリビング」。

シャッターを閉める川嶋社長

閉店時間の午後6時。

「カワシマリビング」大町店、そして、「家具のまち大町6丁目」の歴史が幕を降ろしました。

 

移転先の東通りの新店舗

川嶋社長が移転先に選んだのは、秋田市東通の空き店舗です。

100年の歴史とともに。5代目川嶋社長の新たな挑戦が始まります。

タイトルとURLをコピーしました