ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS

ACTION!押尾川親方

指導者として新たなACTION!をスタ-トしている北秋田市出身の元関脇・豪風こと押尾川親方。

県民を沸かせてきた親方には、ふるさと秋田のために、叶えたい夢があります。

両国国技館での断髪式

両国国技館

大相撲の聖地、東京の両国国技館。

初場所を終えたばかりの2月1日。

豪風の断髪式にたくさんのファンが駆け付けました。

2019年、39歳で引退した豪風。

およそ17年の現役生活をともにした大銀杏とも、この日でお別れです。

豪風は、金足農業高校で本格的に相撲を始めました。

中央大学時代には、学生横綱にも輝いています。

大学卒業後の2002年に初土俵を踏み、その翌年に初入幕を果たしました。

幕内通算成績は590勝669敗。

小柄ながら力強い相撲で秋田のファンを楽しませてきました。

場所が終わるたびに秋田に帰省した豪風。

学校や福祉施設を訪れ、県民とのふれあいも大事にしました。

およそ9000人が席を埋めた国技館。

 

断髪式

断髪式では、およそ270人がはさみを入れました。

陰で豪風を支えてきた家族。

ねぎらいの言葉をかけられると、涙をこらえきれませんでした。

切り落とすのは、師匠の尾車親方です。

断髪式

 

部屋付き親方として後進の指導

押尾川親方

春場所を目前に控えた2月下旬の大阪。

元豪風、押尾川親方が所属する尾車部屋は大阪にも稽古場があります。

部屋では全国から集まった14人の力士が稽古に励んでいます。

押尾川親方は今、尾車部屋の部屋付き親方として後進の指導にあたっています。

断髪式からおよそ1か月。

弟子の成長もさることながら、気になるのは自分の髪型。

髷を結った若い力士が厳しい稽古をするのを見て…無意識に触ってしまうのは…自分の頭。

17年という長い現役生活を送ってきた押尾川親方。

稽古の時間になると、今でも、体が勝手に動きだしてしまいます。

そしてやっぱり気になるのは、髷がない自分の頭。

尾車部屋には、秋田県出身の力士が2人もいます。

スピ-ドがあり、素早い動きで相手を翻弄する井川町出身、三段目の竜風良太(たつかぜ・りょうた)。

そして、身長180センチ、体重120キロ。

初土俵からまだ1年半、序二段の渡部蓮(わたなべ・れん)。

2人とも、押尾川親方に憧れて尾車部屋の門をたたきました。

 

押尾川親方

一人でも多くの幕内力士を育成することが今の目標。

現役時代のように全身全霊で大仕事に取り組んでいます。

タイトルとURLをコピーしました