ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ショッピング
SNS
2016年7月26日

ごくじょうなトマトとの出会い  ~ 能代市 オオヤマファーム ~

能代市赤沼地区で野菜を栽培している若手農家 大山真士さん。
ご自身のこだわりと工夫で! 人を惹き付ける野菜を作られています。

オオヤマファーム03

能代の実家に戻り、農業を始めて5年。
東京ではインテリア関係のサラリーマンだったそう。

冬に帰って来て「春から農業を!」と決めてから ひと冬で100冊以上の
本を読むなど、野菜作りは独学で学んできました。
栽培は、オーガニックにこだわっています。

農業を始めたきっかけ!は
「自分が作ったトマトをはらいっぱい食べてみたかったから」
という大山さん。

大山ファーム02

その、トマト栽培のこだわりには、驚きました!

・水やりは、2週間 ほとんど水をやらない
・甘さをあげるために 海水をかける
・トマトは、ハウス内で「横向きに」植える
  →太陽の向きに合わせるため
  9~10月の8:00~11:00 15:00~18:00の
  太陽の方向に向くように植えているそう!!
  
  →横向きなので左右からの風が抜け、受粉を助けハウスの真ん中も
  病気になりにくい    のだとか。
 
  日当たりを考えられて植えられたトマトは、ジャングルのように
  大きく育っていました。

大山ファーム01

栽培しているトマトは、ミニトマトはもちろん、マイクロトマトなどの
 珍しい種類を含め9種類ほどあるそう。
 収穫したトマトは、彩り鮮やか!
 
大山ファーム08

ほおばらせてもらった、かおりと、ちかは
 「ぐふふふふ」と 口の中のトマトの甘みに感動しました。

ハウスの中には、藁が敷いてあって、虫を食べてくれるクモが育ち
働いていくれているオオヤマファーム。

大山さんのセンスと、1年1年 積み重なる経験が、格別な味を
生み出しています。

しかも、出荷するときには、すべて、50度のお湯で洗っているんです!
(鮮度が保たれ、栄養価があがるそう)

他では買うことが出来ない野菜に絞り込んで、手を掛け、出荷まで行う。
大山さんの野菜は、その味を最大限に引き出してくれる飲食店にのみ
販売されています。

でも!8/27・28 にセリオンで開催される「オーガニックフェスタ」では
私たちも手にすることができるそう!

大山さんのこだわりのトマト その味をほおばれるチャンスですよ!

オオヤマファーム05

そして、これから、大山さんの手で どんな野菜が生み出されるのか
楽しみに感じたラジパルでした!