ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2018年10月3日

平和の文化と希望展

はい、あんちかです。
秋田市山王臨海十字路角にある秋田魁新報社1階にあるさきがけホールで今日から開催されている「平和の文化と希望展」にお邪魔しました。

題名

今日はお話を「平和の文化と希望展」実行委員会の石塚睦美さんと柏谷正代さんに伺いました。
今日が初日でしたがたくさんの方でにぎわっていました。

内観

この展示は今、日本は4人に1人は65歳以上という超高齢社会。その中にあって希望を抱いて生きるためには、一人ひとりに何ができるのか「子ども」と「高齢者」に焦点を当てた展示会です。
副題に「少子高齢社会を生きる」とありますが、高齢者に見やすいパネル展示となっていて、縦2メートル、横1.5メートルの大きなパネルに大きな字と絵で子供でも楽しめます。

パネル

また、踊る介護ロボットやセラピー効果のあるアザラシのあかちゃんロボット。
アザラシあかちゃんロボットは優しく撫でたりすると喜んで嬉しそうに鳴き、叩いたり嫌がることをすると本当に嫌がります。
メガネや重りなどを使って、高齢者の生活を疑似体験できるコーナーなど見て触れて楽しめる展示です。

体験

前回2016年大仙市、2017年には能代市で開催。今回秋田で3回目となります。
秋田県は日本で最も少子高齢化が進んでいる県ですので、少しでもこの展示を見て高齢化社会について考えるきっかけになるといいですね。

3S

☆平和の文化と希望展☆
場所:秋田魁新報社1階さきがけホール
開催時間:午前10時~午後5時(最終日は12時閉場)
入場無料です。
問い合わせ先018-880-2501