ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2018年10月1日

フォンテ秋田6階「里親制度普及啓発ポスター展」

はい、あんちかです。
フォンテ秋田6階で今日から10月19日(金)まで開催されている「里親制度普及啓発ポスター展」にお邪魔しました。

案内

お話を秋田赤十字乳児院の京極芳久さん、秋田公立美術大楽の水田準教授、3年生の鬼柳さんに伺いました。

インタビュー

まずは生みの親と暮らせない子供達の秋田の現状をうかがいました。
現在秋田県では様々な理由で生みの親と暮らせない子供が約200人います。その多くが施設で生活しています。その子供達がより家庭的である里親家庭で生活し、今よりももっと笑顔が増え、幸せと感じるような社会にしていきたいと今回の里親制度の普及啓発を企画したそうです。
今回のこの企画は秋田公立美術大学と連携し、学生さんに里親の温かさが伝わるような作品を書いてもらいました。
生徒のみなさんは実際に里親制度について学び、実際に赤十字乳児院にも足を運んだそうです。
10月の里親月間にあわせ、ポスター展を開催し県民の皆さんに里親制度に興味を持っていただきたいと考えました。
全部で31点の作品が展示されていますがとても心が温かくなり、そして考えさせられる作品となっています。

展示会

最優秀作品に選ばれた鬼柳さんのポスターはこちら。

ポスター

10月4日には秋田駅のぽぽろーどでクリアファイルなども配られます。

ファイル

京極さんは今回のアートの力を借りて里親制度をもっとたくさんの人に知ってもらえれば。とおっしゃってました。
みなさんぜひ足を運んでみてください。
そして里親制度について興味関心がある方は、ぜひ赤十字乳児院にお問合せください。
連絡先:018-884-1760

集合