ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2021年9月29日

秋田駅ぽぽろーど「水曜市」~スクールファーム河辺ブース~

2021年9月29日(水) かおり取材

JR秋田駅ぽぽろーど で開催していた「水曜市」におじゃましました!
お話を伺ったのは、障がい福祉サービス事業所「スクールファーム河辺」の出店ブースです。

今日は、4人の方がお客さまを迎えていました。

「秋田県内の野菜、ブロッコリー、トウモロコシ、ミニトマトのほか、シャインマスカットやピオーネなどが今日は並んでいます」と

スクールファーム河辺 代表 曽我 祐一さん。

「朝から、お客さんがいっぱいで大忙しでした」と、笑顔でお話しくださったのは、佐々木さん。
「シャインマスカット、トウモロコシなどがよく売れました」と田口さん。

お客さまからお代を受け取って、計算しているのは大友さんです。

大友さんが、はじいていたのは、視覚に障がいがある方専用のそろばん。
「普通のそろばんのように、珠が簡単に動かないそろばんです」

大友さんは、小学生の時から珠算を学んでいたということ。
上に向かって少し長いそろばんの珠を前後に動かして計算していました。

そして、お客さまに声を掛けている目を惹く存在が!!

「ロボット」が、お客さまを迎えています。
高さが25センチ程。白いお顔に、グリーンの大きな目が光っていてかわいい☆
動いて話しかけてくれます。

ロボットは、操作を行うメンバーが、秋田市河辺の「スクールファーム河辺」から、インターネットを使って動かしています。
カメラで、水曜市の様子を見て参加しているので、まさに「この場所で」繋がることが出来ます!

マイクを通して声を掛けてくれるロボット。
「今日は、栄養もある秋田産ケールもおいしいです」とオススメ野菜も教えてくれました。

「こうして参加できるのは、実際に現場にいるようで楽しい」と手をあげる姿に表情を感じたラジパルです。

ロボットとの会話が弾み、ついつい寄りすぎちゃったけど、向こうでは パソコン画面のフルHDででこちらを確認しているという事!

あら!シワが見えちゃってるかも~~*^^*

身に付けている緑のエプロンと三角巾は、このロボットを「水曜市」で目にしたお客さんからのプレゼントです✨

障がいなどで外出が困難な方が、この「分身ロボット OriHime(オリヒメ)」を遠隔操作しサービススタッフとして働くカフェが、東京都日本橋にあります。
実際に、そこで遠隔操作のサービススタッフをされている秋田の方が、先週の水曜市で「分身ロボット オリヒメ」が居るのを目にし、今日の「水曜市」に合わせてプレゼントしてくれたそうです✨

「よく似合っていますね」のラジパルスの声に、「ありがとう」と手や顔を動かして答えてくれました🎵

秋田の旬の農産物を通し、さまざまな人が気持ちを通い合わせる「水曜市」🍇だと感じたひとときです。

みなさんも、ぜひ「水曜市」で、福祉事業所スクールファーム河辺のブースへ立ち寄ってくださいね❕

開催時間は、午前9時~午後3時。10/27(水)まで 毎週水曜日に開催されます。