ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2020年8月21日

ネパールの家庭料理に出会えます!「あえら」

かおりです!
ネパールから、日本へ、そして秋田市に移住したご夫婦をお訪ねしました!
プリヤシュさん、ジャスミンさんです。今日は、7歳のあえらちゃんも一緒に答えてくれました。

家族

プリヤシュさんは、日本に来て18年、ジャスミンさんは11年になるそう。
これまで、横浜で暮らしていましたが、今年、秋田に移住されました!
8/25には、国際教養大学の隣にネパール料理を味わえるお店を開きます。

集合

お店の名前はダイニング&ラウンジ「あえら」
娘さんと同じお名前です☆

今日は、オープン準備に忙しいお店の中におじゃましてお話を伺いました。
「この春にオープン予定でしたが、コロナウイルス感染拡大防止のためオープンを延期にしていました。9月を迎える前にお店を開くことにしました」とプリヤシュさん。

お店

プリヤシュさん、ジャスミンさん、あえらちゃんは、毎年 冬には秋田に来てお正月を過ごしていたのだそう。
実は、ジャスミンさんの妹さんは、結婚して秋田に暮らしています。
あえらちゃんは、雪が大好き。家族揃って秋田を訪ねるたびに、秋田の環境の良さ、人の温かさが心に重なっていったのだとか。
また、ネパールから日本に来た「姉妹」が、横浜、秋田と日本の中で離れて過ごすのではなく「家族一緒にいたい」という気持ちも、同時に重なっていったそう。

ジャスミンさん

横浜で、4年前から「あえら」のお店を構えていたプリヤシュさん。
秋田に暮らすジャスミンさんの妹さんと3年前のお正月 お酒を交わしながらお話した際「お兄さん、秋田にお店を開いて」との声が上がりました。
その時には「半分冗談、半分本気の話でした」というプリヤシュさんでしたが、妹さんが、秋田で本当に物件探しを進めていたということ!!
そして、出会った物件として、昨年の6月には、この場所を見に来たのだそう。
「場所もそうでしたが、周りの方々がすごく優しくて両手を広げてウエルカムと迎えてくれて、それが一番でした。なんとかできるんじゃないかな。前向きに考えられるんじゃないかな。と思いました」とジャスミンさん。

準備を進め、いよいよ秋田でのオープンを迎えます。

看板

あえらの一押しメニューがあるということ!
「あえら特製チャーハン」です!

チャーハン

こちらのチャーハンは、おととし横浜で企画された「ガチでうまい横浜の商店街チャーハンNO1決定戦」というイベントで、みごと銅賞を受賞☆☆☆
チャーハン自慢の横浜のお店40軒がエントリーする中、投票で選ばれたということ!食通をうならせたチャーハンです!

銅賞

「チャーハンは、余ったご飯を炒めて食べるフライドライスとして、ネパールの家庭でも食べていた味。日本に来た時に、さまざまなチャーハンを食べてネパールの味でチャーハンをオリジナルで作れないかと完成させました。インディカ米とジャポニカ米をブレンドし、ネパールならではの味として、タンドリーチキンを合わせました。チャーハンの中にも、タンドリーチキンの身を入れて、海外の少しとろみのある醤油で味付けしています。タンドリーチキンは、2日寝かせて炭火でじっくり焼き上げています」と、プリヤシュさん。

また!
あえらでだからこそ、味わえるネパールの味は、他にもあります。
「モモ」です!

モモ

ネパールの餃子で、料理上手なプリヤシュさんのお母さまの味わいを、お客さまにも 食べてもらいたいとメニュー化したのだそう。
スープに入った「スープモモ」は、娘のあえらちゃんも好物♪
こちらの炭火で焼き上げたお肉「セクワ」もネパール料理で、あえらちゃんも大好きなのだとか。

セクワ

キッチン

「秋田のみなさんと親しくさせてもらいながら、力をお借りして、前向きにお店を開いていきたいです。美味しい料理をたくさん作って皆さんをお待ちしています」とジャスミンさん。
「日本に来て18年。福岡に2年、横浜に16年居ましたが、これからは秋田を地元としてここで過ごしていきたいです」とプリヤシュさん。

あえらで、みなさんも、お二人の笑顔と 美味しさとに あえたら☆と思った!!ラジパルでした。

営業は午前11時~午後5時まで。午後3時~午後5時はカフェタイムになります。
10月以降に、ディナータイムも設けるということです!
定休日:水曜日

ダイニング&ラウンジ「あえら」
問:018-802-0638