ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2020年3月5日

男鹿の新たな拠点「ひのめビル」

かおりです!
男鹿市船川港 男鹿駅から徒歩3分ほどのところにある
2階建てのビルをお訪ねしました!
こちらのビルは、男鹿に暮らす若い世代の方々によって カフェなどが入る
人が集う場所へと リノベーションされ オープンを待っています。
ビルの名前は「ひのめビル」  
準備を進める FUNAKAWAひのめ市実行委員で
「ひのめビル」を運営する『合同会社 船川家守舎』を設立された
船木一人さん 福島智哉さんにお話を伺いました。

「ひのめビル」は、これまで、男鹿船川港で開催されてきた
オーガニックをテーマにした年に一度の1日マルシェ「ひのめ市」、
また、月に一度 開催されている ミニマルシェ「ひのめ商店」を経て
「この先へ繋がる場所」となる男鹿の新たな拠点です。

年に一度の1日マルシェ「ひのめ市」は これまで5回と
開催を重ねてきました。
<オーガニック>と<男鹿に行く>を掛け合わせた
<OGANIC:オガニック>をテーマに
おいしい食べ物の飲食ブースや、農産物や男鹿の海産物 の他
雑貨、洋服などが並ぶマーケット、ワークショップなどがオープンし
県内外からの人で にぎわいを作ってきました。

2ひのめ市 

hinome

ひのめ市 こども

<開催時の様子>

「ひのめビルは、年に一度のひのめ市、月に一度のひのめ商店の
たくさんのわくわくを、イベントごとではなくもっと日常に落とし込み
有機的で昔ながらの 人ののぬくもりや
自然と人間社会との つながりを 大切にしながら 大人もこどもも 
楽しめる場所にしてたい」と 手掛けられました。

4

                   

こちらが、ひのめビル

ひのめビル

3

使われていなかったビルを開き、これまでも「ひのめ市」や
「ひのめ商店」の会場とする中、船木さんや、福島さんには
この先に繋げていきたい思いが 実感として響いてくるように
なったのだそう。

以前の様子

<ひのめ商店 開催時の様子>

「ひのめビル」は、リノベーションが進み
まず 1階には食事と喫茶のカフェが4月にオープンします。

2

内装 1

8

カフェの名前は『TOMOSU CAFE』(トモスカフェ)
「これまでのひのめ市・ひのめ商店と同じように、この街に
わくわくの明かりを“灯す”カフェとなるように、
そしてこの場所が灯りみんなが集まる場となるように」
そんな想いが込められています。

トモスカフェで 味わえるのは 
食べた人みんなが、身も心も満腹になるようなメニュー!とのこと。
福島智哉さんは、創業から101年を迎えた老舗のお店
「グルメストアフクシマ 福島肉店」の4代目。
 秋田産の豚肉や秋田錦牛などを扱う他、
手作りのお惣菜 素材にこだわって作り上げる「フクシマのコロッケ」
「ローストビーフ」が大人気のお店です。

コロッケ

<グルメストアフクシマの店内にて>

その、コロッケの定食や、ローストビーフを使った丼ぶりの他
かつて多くの人を惹き付けた男鹿「たのし食堂」の
「ソースカツ丼」の味わいが、グルメストアフクシマ
3代目と4代目の監修のもと復活し提供されるのだそう☆

また「ひのめビル」を動かす『合同会社 船川家守舎』
のメンバーのひとり、こおひい工房珈音 代表 佐藤毅さんの
コーヒースタンドが完成します!
自家焙煎機が設置され、コーヒーが提供されるのだとか!
TOMOSU CAFEのオリジナルブレンドも登場の予定です。

自家焙煎

コーヒー

外観

そのほか、こどものおやつや グローサリー(雑貨)
普段使いしてもらいたい日用品の販売もスタート!

2階には、こどものあそび場をつくる計画です。
 
船木さん、福島さんは「自分たちが楽しさを感じながら過ごす男鹿」を
大切にされています。
「昔ながらの「街全体でこどもたちを育てる」
「街全体でお年寄りをフォローする」といった関係性や、
自然の恩恵に感謝して囲む手づくりの食、手間暇かけ愛情を注いで育む日常を
ずっと大切にしていきたい。
その先にわたしたちの求める男鹿らしいオーガニック=『オガニック』がある」

そう、男鹿の陽を映したまっすぐな 眼差しで お話されていました。

6

9

まっすぐな

(まっすぐな・・・・・・)

「ひのめビル」は、この先の男鹿に、心地いい楽しさと、人のつながりを
紡ぐ場所になると お話を聞いて感じたラジパル。

4月のオープンを、わくわくと待ちたくなりました☆

今月中には「FUNAKAWA ひのめ市」のページに
ショッピングサイトがオープン。
「ふるさと納税のようなイメージのショッピングサイト」と船木さん。
サイト「ひのめ市」でのショッピングが、ひのめビルの運営を応援する
力にもなります。
こちらも、ぜひ、チェックしてくださいね!

また、船木さんは
男鹿のハートピア傍に「縫人」というお店を開いています。

外観

船木さん

オリジナルの服飾ブランド
「Own GArment products」(オウン ガーメント プロダクツ)で
100年後に残る服が モットーの天然素材を使った洋服作りに
取り組んでいます。
お店にもぜひ、足を運んで、直接 お話も聞いてみて下さいね!