ABS秋田放送

2019年8月7日

竿燈まつりが終わっても大忙し!!!

あやえです。今日は上米町一町目竿燈会代表の「竿燈王子」こと、貴志冬樹さんにお話お聞きしました。

今日はお仕事がお休みの人、学生さんなどの15名が集まっていました!
貴志さんは、今年お囃子で優勝したそうですよ!さすがですね!

昨日で竿燈まつりは終わりましたが、終わってからも竿燈会の皆さんは大忙し!!!
次の日は朝7時頃から、竿燈の先につけられた御幣を川に流す「御幣流し」を行うそうです。
御幣には神様が宿り、市内を練り歩いたあと川に流すことで眠気や邪気を払うことができるそうです。
それが終わると片付けを始めます。

竿などをばらし、提灯についたロウを綺麗にとるなどするそうです!
貴志さんは、準備と片付けが一番大切!とおっしゃっていました。
連日大忙しで、睡眠もまともにとれていないそうなので、片付けが終わったら皆さん帰って寝るそうです!笑

今月にはまた竿燈を披露するイベントもあるそうで、竿燈会の皆さんは1年間忙しい!とお話していました。
皆さんお体にはお気をつけてこれからも頑張ってくださいね!!!!☆
ありがとうございました!