ABS秋田放送

2019年6月25日

熊について知っておこう!!

あやえです。最近熊による被害や、目撃情報が増えてきました。
ということで秋田県庁にお邪魔して、自然保護課の泉山吉明さんに熊についてお話をお聞きしました。

現時点で今年の熊の目撃情報は去年に比べ減っていて、200件となっています。
去年は400件もあったそうです。
おそらく去年子どもがたくさん産まれ子熊と母熊で行動しているため、かなり警戒心が強く、人がいない所にいるから目撃も少なくなっているそうです。
ですが、子熊が大きくなって独り立ちし始める今年、来年は熊が増えるので注意して下さいとのことでした。
秋田県に熊は約3700頭います。熊も人と遭遇したくないので、特に朝方・夕方の活動が活発になるそうですよ。
もし山に山菜をとりに行く方や、キャンプをする方がいたら、次のことに注意して行動して下さい。

【熊被害の防止策】
・山や野外での活動では、あらかじめ熊の出没情報を確認して、必ず二人以上で行動し、単独行動は慎みましょう。
 熊の出没情報は、秋田県庁のHPに掲載されています。

・鈴や笛、ラジオを身につけ、音を出しながら行動しましょう。
やはり、黙々と作業してしまいますよね。そうすると熊も人に気付かず、知らずに寄ってきてバッタリ会ったりしてしまう可能性があります。
一番は人の声ですので、お話したり、声を出したりしてください。

【もし出会ってしまったら】
・あわてずゆっくり後ろに下がり、静かにその場から立ち去りましょう。
熊に背中を向けて逃げてはいけません。熊は100メートル走、約9秒で走るくらい速いです。
そして目を合わせるのもいいそうです。熊も臆病で怖がりなので、大きな声を出したり威嚇してしまうと逆に襲ってきます。
大きな声は絶対出さないで下さい。

・子熊を見つけたら近くに絶対母熊がいます。近寄らないで下さい。

そして生ゴミや残飯、廃棄果樹などは山や野外に捨てたり放置はしないでください。
熊をその場に引き寄せてしまう可能性があります。
寄せ付けないことも大切ですね。

一番は、自分の身は自分で守るですよね。熊の目撃情報が出ている場所に、自ら行くのは危険です。
皆さんきちんと、目撃情報などをチェックしてからお出かけ下さいね!