ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2017年9月8日

明日9月9日は救急の日。

明日9月9日は「救急の日」
救急医療関係者の意識を高めるとともに、救急業務に対する国民の正しい理解と認識を深めることを目的とし昭和57年に厚生労働省が定めました。
今日は救急のあれこれを秋田市消防本部・救急隊の三浦亮さんにお伺いしました。

消防署
秋田市では年間約1万1千件の救急要請があるそう。これは1日に換算すると約30~40件。
かなりの数の多さに驚いたラジパル。
普段は救急要請をすることはめったにないのでパニックになったり、緊張したりとする人も多いそうです。
今日は「もし人が倒れていたら?」という想定で119番をした時の電話対応をしてもらいました。
119番をしてから救急出動するまでに要する時間は1~2分。本当に迅速です。
また、外出先などで住所が分からない場所で遭遇した時は大きな目印になる建物や学校、コンビ二などを話してもらえれば場所の特定に繋がるそうなので、分からない場所でも躊躇せずに命を救うために行動して欲しいそうです。
車で走行中、救急車が来た際は、是非、端によけたり、止まったりして道を譲る協力をお願いします。
たくさんの人の協力で1つの命が救われます。
明日、救急の大切さについて1度考えてみてくださいね。