ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2017年2月1日

秋田市の漬け物名人 古木さん(82才)

秋田には、漬け物名人がたくさんいらっしゃいますよね。
寒い冬には がっこ茶っこ 最高です♪

ラジパルは秋田市の漬け物名人 古木 秀男さんをお訪ねしました!

作業小屋

古木さんの漬け物作業小屋には、樽・たる・タル・樽~~
漬け物樽が並んでいました!
大根の 玄米漬け・ビール漬け・しそ漬け・レモンつけなど 種類も豊富!

樽たる

漬け上がったら、また、次 また 次と 漬け込んでいくそう。
「1日も休みはね~な~」と古木さん。
カラになる樽はひとつもないように漬け込んでいるそう。

漬かったものと新もの

がっこ 漬けたて

↑↑ こちらは、今日 仕込んだ「玄米漬け」

古木さんは 御歳82才!!
仕事を引退されてから本格的に 漬け物つくりを始めました。
今は、秋田市泉の直売所「彩菜館」に出荷しています。

がっこ作りの分量などは 自己流だそう。
仕事をしていた時、JAを回る仕事に携わり、そこで出会った方の
がっこの作り方を聞いて、覚えていったのだとか。

壁には、マジックの覚え書きがたくさんありました。

古木さんの味に惚れ、手に取られるリピーターのファンが多いそう。

古木さんの手

↑↑「漬け物つくりで 指がまがってきたな」と古木さん。

漬けあがり

「俺のつけもの」と呼んで 自信をもって作られているのを感じました。
民謡が好きで、歌いながら漬けているのですって^^

いただいた 酢漬け と ビール漬けは、塩気が控えめで 
甘さと旨みと歯ざわりが たまりませんでした!
「おちゃっこといただいたらエンドレス~!」と感じる美味しさ~~☆

大根もご自身で 五千本(今年は三千本)栽培し収穫、樽での漬け物のほか
たくあん漬けも 仕込んでいるという古木さん。
これからも、どうぞお元気で 美味しいがっこを作り続けてくださいね!