ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2021年12月8日

葉牡丹の彩 ~秋田市 ナラ農場~

2021年12月1日(水) かおり取材

秋田市金足でお花の栽培に取り組む「ナラ農場」
冬も本番を迎えようとする中、ここで 色づいているのは!「葉牡丹(ハボタン)」です。

ナラ農場の奈良 隆逸さんにお話伺いました!

 

 

ナラ農場のハウスで栽培されているのは、主に「切り花用」です。

12月中頃から、お正月に向けた生け花などの花材として出荷されます。
赤や白などの彩りと、幾重にも重なったバラのように広がる葉が、魅力的✨
「ナラ農場」では、丸葉とフリンジなどの4種類を栽培しています。

丸葉 白系の名前は「晴れ姿」

 

赤系は「ブライトローズ」

葉がフリンジ系の種類の 赤系は「ラッフルローズ」というお名前!です

かわいいですね🎵。

ハウスの中の「葉牡丹」は、80センチから1メートルも草丈があります!

 

下の部分は、一本茎がすっと長いスタイルです。
風通しと日当たりをよくするため、下葉は、手ですべて葉を落としているということ。

今は、グリーンの葉5-6枚になるまで下葉を落とす最終調整が行われています。

出荷は 12月15日から25日まで。
「季節もので、ある程度使う時期が決まっているため、この短い期間に向けて栽培しています」と奈良さん。

こうして、およそ2万本が栽培されています!

「この農場は砂地なので 水はけがよいので日持ちのいい植物が育ちます。栽培のこだわり…あとは愛だね」とにっこり!

「こうして、ようやく出荷を迎えるところなので 安心しています」と奈良さん。

葉牡丹の栽培スタートは夏!
今年は夏が熱く、40度近い気温になるハウスでの作業は心配もあったそうです。

地元の中学生が、体験で夏に苗の植え付けを行ったという葉牡丹も立派に育っていました。

(夏の中学生の植え付けの様子:写真 ナラ農場より)

「主に正月の花材として、松、花と合わせて、また小さな葉牡丹を何本か、洋花と組み合わせて花瓶に挿してもいいよ。」との声に、今年は葉牡丹を、花瓶に生けたくなったラジパルでした♡


みなさんも、「葉牡丹」でこの季節ならではの彩を楽しんでみてはいかがですか?

ナラ農場の葉牡丹は、秋田市内のお花屋さんやスーパーなどに出荷されていくということです⚘⚘⚘

ナラ農場 電話:018-873-4712