ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2021年6月3日

アートリンクうちのあかり

2021年6月3日(木)かおり取材
秋田市新屋比内町の住宅地にある地域活動支援センター「アートリンクうちのあかり」をお訪ねしました!

ここは、アトリエのようなサロンのような場所。
何かしらの生きづらさを抱えた方々が、さまざまな創作、造形、表現活動などを行っています。

明るい図工室のような室内。絵具、筆、色紙、粘土や布などもありました!
制作テーブルは、さまざまな色が模様のよう!

迎えて下さったのは「アートリンクうちのあかり」代表 安藤郁子さん。
秋田公立美術大学ものづくりデザイン専攻 准教授でもいらっしゃいます。

「障がいのある方、生きづらさを抱えて心細いおもいをしている方、学校や施設などに気持ちが向かないでいる方などが、表現すること・アート・ものづくりを軸とした制作などの活動を行うアトリエです。仲間同士や地域の方々をはじめ多様な人々とのつながりを大切にしながら、誰もが自分らしく豊かに生きられる場を創りたいと考えています」

「アートリンクうちのあかり」がここに開いて3年。
今日は、20代~60代の方がいらしていました!

(あなたがあなたのままでいられる場所で 描きたいように描いてみよう つくりたいように つくってみよう あなたの中にある 大切なこと 伝えたいことを まっすぐに外に出せるように わたしはあなたと共にいる あなたがうれしいと わたしもうれしい)

これまで「アートリンクうちのあかり」では、秋田市主催の「あきたアート はだしのこころ展」の開催も企画・運営してきました。
「あきたアート はだしのこころ展」は、障がいのあるかたによるアートをすべての人で分かち合う場として秋田市内で2015年から開催されている展示会です。


               (ラジパルでお訪ねした第2回 開催時)

この春から「あきたアート はだしのこころ」はウェブ展示がスタート!

生きる営みの中からまっすぐに生まれてきた造形にオンラインで出会えます。
また、作り手のみなさんの人柄を感じられるインタビュー記事も掲載されています。
「生きる背景や、まわりの人たちとの関係にも出会える展示サイトです」と安藤さん。

「ウェブ展示 あきたアート はだしのこころ」で展示をしている作り手、佐藤元氣さん。
今日は、ラジパルのお話に答えて下さいました!

佐藤さんは「昭和の少女漫画」を感じる、絵を描き出しています。

            (ウェブ展示 あきたアートはだしのこころより)

色彩豊かで、細やかな表現!!
また、一方では、コミカルで親しみやすいイラストもあります。
こちらは「アートリンクうちのあかり」の🚻にある佐藤元氣さんの一枚!

見ていると「なんだかかわいい!」と親しみが湧き、添えられたコメントもすっと入ります^^

中継前にお話をしていたら「なんだか書きたくなってきた!」とペンを手にされました。
佐藤さんは、井関アナウンサーのファンということ!
ラジオ中継前、やや緊張の面持ちの安藤さんをよそに^^
ペンを動かし始めました!!

ラジパル中継の時間を迎え、創作される佐藤さんの横でインタビューがスタート!
そんな中でも、どんどんと描き出される井関アナウンサー!

集中されているのが伝わったラジパル。
それでも、マイクを向けると!とても朗らかに答えて下さいました☆

ほぼ、ラジオ中継の時間と同時進行で描き出された井関アナウンサーは!こちら!

目にして、思わず拍手が飛び出しました。

「ここに来るみなさんが、それぞれ個展を開けるような表現を見せてくれます。名前を付けられないような造形も生まれます。自発的に生み出された ひとのこころを揺さぶるものばかりです。暮らしの中の何気ない事の中で、生きている充実感が、線や色になったりするのを、ここでは日常的に見せてもらっています」と安藤さん。

「あきたアート はだしのこころ」ウェブ展示では、そういった「生きる営みから生まれてくるさまざまな表現」に出会えます!
アートリンクうちのあかりのサイトから、または「あきたアート はだしのこころ」で検索していただき、目にしてくださいね。

佐藤元氣さんの絵を手に、にっこりの井関さん。

アートリンクうちのあかり
電話:FAX018-838-4711