ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2020年12月1日

秋田市初のおみやげ自動販売機

20202年12月1日(火)放送。
はい、あんちかです。
道の駅あきた港ポートタワーセリオンにやってきました。

タワー

入口
実はこちらに11月20日秋田市初のおみやげ自動販売機が登場!
正面には曳山まつりの写真

自販機
そして側面には曳山まつりのことがかかれています。

横
今日は設置全般を担当した株式会社フルゥール代表取締役の高安恒治さんにお話を伺いました。

いんた
このおみやげ自動販売機のメリットは24時間いつでもお土産を購入できること。そして新型コロナウイルス対策として人と接することを少なくできること。
お土産は高さ20センチか13センチ直径13センチの筒に入っていて、秋田の名産品いぶりがっこや稲庭うどん、ナマハゲのキーホルダーなどが準備されています。

お土産品

お土産
隙間にキーホルダーなどが動かないようになぜか保冷剤が。。。(笑)

キーホルダー
あ、保冷剤だと紙より再利用できるから逆によいかも!?
そしてもう1つ工夫がされています。
それは自動販売機に近づくと曳山まつりのお囃子が流れてくるのです!
なんだかそれだけで楽しくなってしまいます。
おみやげ自動販売機は県の初設置は横手市でしたので、そちらでいろいろと教えてもらったり、また地元の土崎の人に協力してもらったりして、今回秋田市にこのおみやげ自動販売機が設置されることととなったそうですよ。
今後は売れ筋商品を見極めたり、また筒に入るちょうどいい大きさのおみやげを探したりと進化を遂げていきたい!とおっしゃっていた高安さんでした。
秋田市内にたくさんのおみやげ自動販売機が登場するのを楽しみにしています。

2S