ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2020年11月24日

デブバッパの布草履

2020年11月24日(火)放送。
あやえです。今日は私が気になるものをご紹介します。
私が気になっているもの、それは!「デブバッパの布草履」です!!!!
デブバッパの布草履を製作している、佐藤慶子さんです。

デブバッパとは、佐藤さんのこと...!某国営放送のドラマのアイディアから友人がつけてくれたそうです!佐藤さん自身もこのあだ名が気に入っているそうです!
デブバッパの布草履がコチラ!

ひとつひとつ手編みで作られていて、編み目や形も揃えて丁寧に編み込まれています。
デブバッパの布草履には、特徴がたくさん!

まずは形です。ビーチサンダルのような形をしています。

足の小指の居場所を作ってあげるためそのような形にしているんです。
佐藤さんが習っていた気孔の先生に、「小指は歩くときに重要だ!」と言われ、小指がはみ出さないデザインにしました。

また、この布草履には凹凸があります。
歩いた時ツボを刺激するようになっています。これがとても気持ちいいのです!!!
また履けば履くほど、自分の足に馴染んできます。

布草履の厚さにもこだわっていて、薄いと歩きずらいということで、少し厚めになっています。

佐藤さんが布草履の製作を始めたのは17年前。知り合いからもらった布草履を、自分でも作ってみたい!と通信教育で始めました。
15年前には、布草履研究会を立ち上げ、たくさんの仲間が集まったそうです。
今も秋田港振興センターで、月曜日の10時30分から20人ほどで、楽しく布草履を製作しています。
このデブバッパの布草履も研究メンバーがいたから完成したものなんです。
いつも皆で意見を出し合いながら、製作を行っているそうですよ☆
遠い方だと電車やバスを利用してきてくれて、佐藤さんは「本当に良い方たちばかりだぁ~」と嬉しそうにお話ししてくれました。
デブバッパの布草履は素敵な出会いを運んできてくれているんですね☆

デブバッパの布草履は、関東にいる姪っ子さんが販売しています。
インターネットで、「デブバッパの布草履」と検索してみてください。
また大潟村のサンルーラル大潟でも販売されてます。
ぜひ、皆さんもデブバッパの布草履を履いて、足元から健康になりましょう!!