ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2020年10月16日

絵描き・詩人 佐藤美波さん

2020年10月16日(金) かおり取材

秋田市大町にあるギャラリー「ココラボラトリー」では、10/17(土)・18(日)秋田市の佐藤美波さんが描いた絵が展示される個展「アオイのセカイ~心のオト 想い~」が開催されます。佐藤美波さんは、絵描きとなって12年。病気や障がいを乗り越え、絵描き・詩人として活動されています。ラジパルは個展の準備を行っているところ、おじゃましました!

 

これまでも「アオイノセカイ」として個展を開いてきた佐藤美波さん。
今回は、水彩画と、青ペンのみで書く青ペン画、カラフルなアクリル画などおよそ20点が展示されます。

佐藤美波さんは、慢性的で重い自律神経失調症や、メニエール病からくる難聴、統合失調症など5つの病気と2つの障がいとともに時間を過ごし、症状を乗り越えて作品を製作されています。
水彩画や青ペン画には詩も描かれていて、目にした作品には気持ちが向いていくのを感じました。
準備がスタートしたばかりのギャラリーでしたが、ラジパルは展示されている作品を紹介していただきました。
こちらは、透明感のある水彩画

詩も描かれています。「想いと 想い ひとつに生る」
「生きるということばが好きで、大切にしているので「生(な)る」と読んでいます」と佐藤美波さん。

小さな青い丸を繋げて書いた青ペン画

カラフルで力強い、アクリル画なども展示されます。

個展のタイトルにもなっている「アオイノセカイ」は、佐藤美波さんが「こどものころからたいせつにしている『青い世界』」ということ。
「コンセプトが、こどものころからたいせつにしている『青い世界』、『夢』、『自分らしさ』。そして、これからの未来の自分を思い描く。病気の人も、障がいを持っているひとも、大人も、みんな持って生たい『青』。いのちに色を着せよう。カラフルな青です」

「自分の生み出すもので何かを誰かに与えられたら幸せだなと感じていて、つらい思いをして生きている方々がたくさんいると思いますが、自分の絵や詩に触れて下さったときに、希望を感じられるような絵を描きたいと思っています」

絵の搬入・展示が終わったら、ココラボラトリーの上の階にあるお花屋さん「Flower Space T's 」のお花とグリーンを使って空間創りも行うそうです。
どんな空間になるのか楽しみですね♪
ぜひ、会場で、佐藤美波さんの作品、空間を感じてくださいね☆

10月17日(土)~18日(日)
開催時間:10時~17時
入場は無料です。