ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2020年10月7日

あきた発酵ツーリズム拠点施設「小玉醸造」

2020年10月7日(水) かおり取材

潟上市飯田川「小玉醸造」にはこの春「あきた発酵ツーリズム拠点施設」としての新たな観光スポットがオープンしました。
築100年の蔵を改装して開いた「KooLab(クラブ)」です。

玄関

入口

お話を伺ったのは 小玉醸造 小玉芳弘さん。

2ショット

小玉醸造は、県内で唯一 味噌、醤油、日本酒と3つを醸造している醸造元です。
創業は明治12年。今年で141年を数えます。ヤマキウ味噌は、秋田県内一の生産量を誇り約半分の生産となるのだとか。
酒造りは大正7年から始まり、今年で107年。全国新酒鑑評会など数々の鑑評会で金賞を受賞!あえて手間暇のかかる生酛づくり、吟醸酒の特定名称酒に力を入れています。
今年も9月から日本酒の仕込みがスタート!
明日は、醪造りの初日「初添え」が行われるのだそう。蔵は忙しい季節に向かっています。

そんな、醸造蔵の動きを感じられる敷地内にある「土蔵蔵」を改装し開かれたのが「KooLab(クラブ)」です。
名前の由来は、小玉の「Ko」、おいしいの「o」+Laboratory
歴史を受け継ぎながら、新しいものや新しい取り組みが試せる場所という意味だそう!

蔵

中には、小玉醸造の味噌や醤油、日本酒、また加工品などが100種類ほど並びます!

ミソ

しょうゆ

甘酒

ひやおろし

日本酒の棚

ここだけで出会える「蔵元限定」の商品も魅力です!この蔵で生み出されている銘酒「太平山」のロゴが書かれた前掛けや、はんてんもありました!

また「KooLab(クラブ)」だからこその試飲コーナーもあります。
プレミアムな天功をリーズナブルな価格で味わうことができるのです!

飲み比べ

四合瓶(720ml)での販売価格として、天功20は、11000円、天功35は、7700円、天功40は、3080円ということ!
精米歩合の異なる純米大吟醸を1杯300~500円で試飲することができます。
また、3種類を味わえるセットもあり、なんと1000円で飲み比べができます!

清酒を搾る「槽」をカウンターに試飲することができ、蔵ならではの雰囲気もたっぷり!

 ふね

インスタントみそ汁のもとになる「みそ玉作り」の体験メニューも新たに始まりました。
毎月第1土曜日の10時と13時に、各回定員4名の予約制で開催しています(現在12月まで予約がいっぱいだそう)

味噌ボール

「お客さまの声を受けて、回数を増やすことも検討しています。また一から味噌を仕込む『味噌造り体験』も今後 考えています」と小玉さん。

インタ

歴史あるレンガ造りの蔵は、毎日11:00~、14:00~ お一人からでも見学ができます!(団体は要電話予約)
味噌を詰める場所や、しょうゆの天然醸造蔵、清酒貯蔵蔵などを見学する30分ほどのコースです。

見学コース

醤油蔵

仕込みの蔵自体も、秋田杉の木桶も、100年以上使い込んでいるのだそう。優良な酵母が100年以上受け継がれている小玉醸造の醸造現場では、醸造微生物の働きも感じられワクワクも沸いてきます♪

実りの秋、美味しい食べものとの出会いに「発酵文化の奥深さ」を添えてみるのは!いかがですか^^

みそ玉作りや蔵見学問い合わせ
電話 018-877-5772

10/17~ ギャラリーブルーホールでは「宮本一行」さんの個展「接触の形跡」が開催されます!
広い空間全体を作品として体験できる芸術ということです!