ABS秋田放送

2019年9月12日

「ユニバーサルマナー」って知ってますか?

ゆみこです。みなさん、「ユニバーサルマナー」って知っていますか?

1

高齢の方や障害のある方、妊婦さん、海外から来ている方・・・
様々な人たちとの向き合い方や適切な配慮をして接することなど
「相手を思いやる」ということ、相手の視点に立ち行動することを
「ユニバーサルマナー」というんです。

今年の夏に仙北市角館町で、秋田県では初となる「ユニバーサルマナー」の講習会が行われました。
そこに参加して民間資格「ユニバーサルマナー3級」に認定された
江橋友清さんにお話伺いました。

2

江橋さんはお仕事柄、ご高齢の方や障害を持っている方と接することもあり
相手に対してこうした方がいいのでは?など気持ちはあるのに接し方が分からなく
どこかもどかしいような気持ちがあったそうです。
そんな中、開催されたのがこの講習会。「自分にできること、そしてどのような声かけをしたらいいのか」というところのヒントを得たそうです。

3

環境や設備など、すぐに自分で改善はできなくても 相手のことを思いやり
相手のためにできることはすぐに行動に移せます。
押し付けの無いよう、相手にとって必要か不必要か。
それを知るための一言 「何かお手伝いすることはありませんか?」。

江橋さんは将来、自分のお店を持つことができたなら
どんな方でも足を運べる「来れないと思わせないお店」を作りたいそうです。
特に水周りには力を入れてユニバーサルデザインを取り入れたサロンにしたいと。
相手を思う気持ち、心がけが少しずつ広がればきっと
誰にとっても生活しやすい気持ちの良い環境が整っていけるのではないかなと思いました。
「ユニバーサルマナー」は身近な思いやりの気持ちが詰まったものなんだと感じました。

4