ABS秋田放送

2019年6月6日

満開の芍薬と「芍薬だんご」~小町芍薬苑~

かおりです!
鮮やかな彩りが両目に収まらないほど! 
見事に咲きそろう芍薬が迎えてくれる 湯沢市小町の「小町 芍薬苑」
160種類 7千株! 花の数は5万 以上になります!

今日は、濃いピンク、薄桃色、白や赤の、一重咲き、八重咲きの花々が
豪華に!エレガントに!! その高貴なまでの花を開いていました。

芍薬

小町芍薬苑は、平安の歌人 小野小町 生誕の地とされる湯沢市小野に
小町が愛した芍薬の花を咲かせよう!と
道の駅おがちの後ろの 休耕田を利用し、2016年に開苑しました。

遠景

水の

今年は、天候もよく、花が元気に開いてきているのだそう。
今日も、苑内を花を愛でながら ゆっくり散策する人たちの姿がありました。

「花よりだんご」の気持ちも沸くところ…
そんなお客さまへ!と今年「芍薬を使った美味しい特産品」が登場しました!

芍薬を使っただんご「恋待ちだんご」です!

だんご

白あんの おだんごには、ドライにした芍薬の花びらがのっています☆☆☆
彩りが目を引く!美しさを感じるおだんごです!!
食べると、上品な白あんに、花びらが優しく包み込まれていきます。
顔を上げると、目の前には、満開の芍薬!
この季節ならではの! 目もココロも満たされる時間です。
2本セットの「恋待ちだんご」
もう1本には、地元 湯沢市で露地栽培で育てられるイチゴ
「秋ノ宮いちご」が のっています。2本で350円

6/8(土)・6/9(日)に開催される
小町まつりに合わせて、小町芍薬苑で販売されます!

3ショット

芍薬のおだんご「恋待ちだんご」を作った 高橋まゆみさんは
「小野小町を髣髴とさせるようなエレガントなおだんごが出来ました!
ぜひ、芍薬を目にして 味わってください。芍薬のアクセントが
いいですよ!」とお話していました。

小町まつり以降は、高橋さんが開くカフェ
日本酒の仕込み水で淹れたコーヒーを味わえる「カフェTAKAIWA」で
味わうことができますよ。


(「道の駅おがち」から車で約5分、国道13号沿い)

芍薬園

この季節の 芍薬の彩りを 全身で感じられる芍薬苑です!

【小町芍薬苑】
午前9時~午後4時30分
入園料500円 こども 半額
湯沢市小野字中屋敷131 (道の駅おがち すぐうしろ)
電話0183-52-5231
芍薬の株も販売しています!