ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2019年9月2日

樹脂粘土で作るベルクレイフラワー

はい、あんちかです。
秋田市保戸野にやってきました。

バラ

こちらでベルクレイフラワーの講師をしている浅利百合子さんにお話を伺いにきましたよ。

インタビュー

ベルクレイフラワーというのは簡単に説明すると「純白の樹脂粘土(ベルクレイ)を油絵の具で着色して花びらや葉を制作したもの。」
浅利さんは展示会で見たベルクレイフラワーに魅せられ、それから30年、制作や講師の活動をしています。
実際に樹脂粘土を触らせてもらうと、練り消しのように柔らかく、指で挟んで滑らすと凄く薄くのびます。
べたついたり、手に付いたりはしません。
しかも紙粘土に比べて、本当に乾くのが早いんです。
この樹脂粘土を使ってバラやヒヤシンス、朝顔、ダリアなど様々な花を作っていきます。

いろいろ

この教室に通ってくる方は「娘の結婚式にブーケを作ってあげたい」と言う方も多いそう。
実際に浅利さんも自分の娘さんにブーケを作りました。とても素敵なブーケです!

ブーケ

しかも生花と違って長持ちするのがベルクレイフラワーの強み!!
フラワーのほかにもブローチなども作るそうですが、この樹脂粘土で作ったブローチは軽いので、洋服につけた時にめくれたりしません。

ブローチ

本物そっくりのベルクレイフラワー見てみたいと思いませんか?
そんな方に朗報です。
秋田市中通にあるエリアなかいち銘品館にて9月5日から7日まで展示会を開催します。
時間は午前10時~午後5時まで。(初日のみ12時から)
ぜひ浅利さんと生徒さんの素晴らしい作品を見に足を運んでみてくださいね。

2S