ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2016年5月26日

廃校を利用した地域の賑わいづくり「上新城ノーザンビレッジ」

平成23年に64年の歴史に幕を下ろした秋田市上新城中学校。
その校舎を利用し「地域の賑わいの場をつくろう」と取り組んでいる
上新城ノーザンビレッジを訪ねました。

上新城中 校舎

上新城ノーザンビレッジは 3年前に設立。
無農薬での野菜栽培とその加工を手がけています。
収穫した野菜は、活動の中で食べるほか、地域の小学校の
学校給食に提供しているそう。

お話を伺ったのは 柳 智仁(りゅう ちいん)さん。
柳さんは、東京都出身で上新城ノーザンビレッジが設立された際
秋田市に移住してこられたそう。
地域の方との交流が楽しい。と笑顔を見せていました。

さまざまな取り組みを地域で行う中で、上新城ノーザンビレッジが企画したのが 
「そばを楽しむ会」です。

もともと、上新城地域には「そば名人がおり「そばを愛でる会」が開かれていたそう。
そばを楽しむ会で、人と地域を結び付けよう。と昨年から開催されてきました。

2ショット

「そばを楽しむ会」では、地元のそば打ち名人 中嶋さんに習いながら
そばの実を 石臼で挽く事から体験できます。
そばは、もちろん 上新城地区で栽培したものだそう。

石臼

そばうち

そばを打つのは 中嶋名人。
みなでその技を愛で、その後、参加者が そば切りをします。
切ったそばは「そば定食」でいただけるのだとか。
定食には、ノーザンビレッジで栽培した食材を使った料理や
この季節だと、地元で朝採りした 山菜の天ぷらなどがつきます。

自然に囲まれた 旧上新城中学校の教室で、自分で挽いて自分で切ったそばを
地域の食材とともに楽しめるのだそう。

5月は29日(日)、6月4日(土)5日(日)、25日(土)、26日(日)
まだ、参加することが出来るそうです。

挽きたて、打ちたて、茹でたてを 感じたて の地域の中で味わえる
「そばを楽しむ会」です!

問:上新城ノーザンビレッジ 018-884-7441
  Facebook「上新城ノーザンビレッジ」で検索