ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2021年3月31日

いのち学び舎産前産後ケアハウスここはぐ

2021年3月31日(水) かおり取材

4月2日(金)秋田市桜ケ丘に開く「いのち学び舎 産前産後ケアハウスここはぐ」
どんな場所なのかオープンを前に おじゃましました!

4ショット

お話を伺ったのは運営する「ここはぐ」代表 小田嶋麻貴子さん、管理者で、助産師 松橋衣里さん、助産師の渡邉彩花さんです。
「ここはぐ」の取り組みについてはこれまでも、ラジオでお話を伺ってきました。
秋田市で、主に産前産後のケアや子育て中の家族のサポートなどに取り組み、今年で10年になります。
「いのち学び舎 産前産後ケアハウスここはぐ」は、家族の子育てを応援したり、赤ちゃんやお母さん自身の身体と心のケアやサポートができるような場所です。

部屋の中

代表 小田嶋さんご自身の「妊娠・出産のときにもっとサポートが欲しかった」という実感に加え「他県にはある様々な産前産後のサポートが秋田にはない」ということから、開設に向かって動いてきました。
「ここはぐ」の活動を通じて出会った「お母さんたちの声」からも、産前産後のケアやサポートの必要性を強く感じていたのだそうです。

外観

ケアハウスとなる一軒家には、明るいリビングダイニングに加え、落ち着いた和室もあり実家のようなぬくもりを感じます。
命に向きあう人や、個々の人生そのものを応援できるような「寄り添い共に歩める」場所を目指し、産前産後の方はもちろん、産む、産まないに関わらずみんなが利用できます。
お庭には、お花が開いていました!

部屋

開くのは月、水、金曜日の午前10時~午後2時。
サロンとして遊びにくるのはもちろん、乳房ケアや授乳の相談や育児相談、たっぷり休みたいときのデイケアなど、担当助産師による様々なケアが受けられます。
家の中には、お部屋がいくつかあり、お手当を受ける時には、畳の和室。サロンはリビングなど、ゆっくりと過ごすことが出来ます。

まつはし

わたなべさん

ケアでは、秋田市、潟上市、男鹿市の妊婦検診補助券「母乳相談券」が利用でき、2200円分の補助が受けられます。
生後6か月までの赤ちゃんの栄養に関する相談で利用できるそうです。

1日 ゆっくりサロンで過ごすことが出来るのが「デイケア」(1日おひとり 4400円)
実家に帰ってきた時のように、ゆっくりと過ごせる場所にしたいとのスタッフの思いから設定されました(とにかく眠りたい、お風呂に入れてほしいなどなど、相談できます)

毎週金曜日に開かれる「産前産後カフェ」では、 お茶をしながら、子育てのことなど様々なことをみんなで話します。
足を運べない方は、オンラインでもお話出来るということです。

また金曜日は、500円で食事も出来ます。その名も「恩送りごはん」
500円は、次の方の食事の材料になるという内容です!

パパ・ママクラスでは、妊娠中に知っておいたらいい知識を学べたり、出産や産後の生活のことなど、助産師さんに相談して安心して出産を迎えられるよう気持ちを整えることができるようサポートします。

「赤ちゃんや子どもたちは、みんなの宝物で、未来そのものです。その命を育むお母さんや家族を私たちでできることでしっかりと支えて応援していけるような場所でありたいです。また、ここはぐの理念である『個々を心をハグして育む』場所となるよう、一人一人の個性や人生や想いを尊重し、みんなで支えあいながら生きていくことができるようなコミュニティーの場所でありたいと思います。」と小田嶋さん。

誰か支えてくれる人が居るという思いが、こころを、じんわりとあたためてくれる場所だと感じました。
「いのちの学び舎産前産後ケアハウスここはぐ」 ケアメニューなど詳しくは、facebook、インスタグラムのページで知ることが出来ます!