ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2020年1月23日

乃帆書房2月1日開催「一箱古本市」

はい、あんちかです。
秋田市大町にあるセレクト書店の乃帆書房にやってきました。

外観

実はこちらで2月1日に一箱古本市、その名も「のほ本市」が開催されます。

チラシ

「一箱古本市」は、以前、秋田市立中央図書館で行われた際、中継したことがありました。
覚えてますか?
地域のさまざまなお店の軒先をお借りして、それぞれの「大家さん」の前で、「店主さん」が段ボール箱ひとつ分の古本を販売します。
どんな本をいくらで売るかは店主の自由。屋号を付けたり売り方を工夫したりと、本屋さんごっこが楽しめます。
大家さんの場所や店主さんは毎回変わるので、いつも新しい発見があるのです。
さあ、今日は乃帆書房の店主、大友俊さんにお話をうかがいましたよ。

大友

今回行われるイベント一箱古本市、今回は大友さんのお店の名前にかけて「のほ本市」という名前ですが、どうして今回このようなイベントを企画したのかうかがうと
一箱古本市は暖かい時に屋外で行われることが多く、冬の寒いシーズンはあまりやりません。なので自分の書店に空いているスペースがあったのでココを利用してやろう!と考えました。
そして知り合いの書店のみんなに声をかけると快く賛同してくれたそうで、実行する運びとなりました。

参加店は乃帆書房と「灯書房」「かえる堂」「くろくろ書房」「おさんぽこびと」の5店舗です。
それぞれ絵本が得意だったり、ミステリーなどいろいろなジャンルが並ぶそうです。

古本のほかには手作り雑貨やレコード類などの販売も予定しているそうですよ!
今回が初開催ですが成功したら2,3ヶ月に1回開催したり、コーヒーショップと一緒にくつろぎの場所を提供したりと夢が広がります。
まずは2月1日の初回が大成功するように祈っていますね♪

☆乃帆書房☆
住所:秋田市大町2-4-23
営業時間:昼12時から午後7時
定休日:火曜日と第1,3,5水曜
電話:018-853-7330