ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2019年11月26日

仲小路商店街「巡り傘」新たな取り組み。

はい、あんちかです。
秋田市中通、仲小路商店街にある『食器のさかいだ』におじゃましました。
今日は、仲小路振興会副会長の境田幸子さんにお話をうかがいました。

去年6月からスタートした「巡り傘」。
仲小路商店街では雨が降った時に傘を貸し、使用後に返却をして貰うように、当初300本の傘を用意。
しかし残念なことに返却率が悪く、追加で300本作りました。それでも傘の数が少なくなってしまって・・・。

かさ

ということで、24日にワークショップを開催。
今回のワークショップは、ビニール傘などにシールやマジックを使ってデザインして、これを『巡り傘』にするというもの。
ビニール傘は、駅の忘れ物の傘を格安で譲ってもらって準備したそうです。
新しく傘を作るよりとてもリーズナブルだし、再利用できるし良い考えですね。
このワークショップには約40人が参加し、思い思いのデザインの巡り傘を作りました。

傘集団

作った1

作った2

そして巡り傘の合図として、秋田杉で作ったストラップをつけます。
表には焼印で付けられた美大生がデザインした巡り傘のシンボルマークが。
『傘を私からあなたに巡り渡す』意味を表しているそうです。

そして裏にはQRコードの焼印が!

スタンプ

これをスマホで読み込むと、巡り傘の返却場所が表示されます。

マップ

これなら返却場所に悩むことがありませんね。
このワークショップから生まれた個性溢れる巡り傘は、12月上旬からお目見えします。

作ったやつ

境田さんは「この巡り傘が、ここ仲小路商店街だけではなく、通町商店街や、たくさんの秋田の街に広がって人と人の輪を広げて行きたい」とおっしゃっていました。
これから雪の季節、巡り傘にお世話になる機会も多くなるかもしれません。
借りた巡り傘は、次の人のためにきちんと返却お願いします。
そして更なる巡り傘の発展期待します!!