ABS秋田放送

2019年3月13日

美郷町六郷商店街 活性化の取り組み!

かおりです!
美郷町六郷商店街の空き店舗をリノベーションして
町のコミュニティスペースを作ろう!という取り組みが動いています!
大規模に改修されるのは、築40年の建物「湯川用品店」です。
六郷商店街「まちなかエリアの活性化を考える」メンバーに
お話を伺いました!

集合

「湯川洋品店」は、六郷商店街の中心に位置しています。

外観

商店街1

六郷小学校の角から 南北に450mほどに渡る六郷商店街には35のお店が並び、「湯川洋品店」は、当時からハイカラなお店だったということ!
明かりもたくさん点き、衣料品を扱う他、食堂もあったのだとか。
空き店舗になって15年以上経った今年度「この場所を人が集う場所にしよう」
と取り組みがスタートしました。

入り口

4月から、リノベーションの先生に、先進事例を学び、
夜はお酒を飲みながら、お話をしたり という勉強会を重ねてきたそう。
県外へ勉強のため視察に出かけるメンバーもいたのだとか。

扇田さん

お話を伺った扇田 亮さん

「子どもから大人まで、ここに来れば、
いろんな仲間がいて、いろんな人たちと話が出来る」
そんなコミュニティスペースを目指しているのだそう。

なか

建物は、100坪。2階もあり、とても広いスペースです。
六郷のカマクラの際には、1日限定で、
1階の半分を「おもてなしカフェ」としてオープンしました。

ポスター

カフェ

六郷のカマクラの観光動画の上映や
美郷町の地酒 春霞の振舞い 
サーターアンダーギーなど手作りお菓子の提供が行われた他
栗林聡子さんや、美郷ジャスセッションライブも開催。

福田さん

サーターアンダーギーを作った福田さん

当日は、観光客の方も、近所の方も、集まってきて
人の集う場所になったのだそうです。

naka

近所のご年配の方が集まってきて、昔から店舗にあった
ソファにどっぷり座り、音楽を聴いて、お酒を飲んで
サーターアンダーギーを味わい、ゆっくりと過ごす姿があったのも
扇田さんには印象に残っているそう。

「おもてなしカフェは アットホームな雰囲気で、
こういった空気感がこの先も続いていけばと感じた」と
商店街の会長さんもお話していました。

会長さん

このカフェが開催された後「湯川洋品店がこの先どうなっていくのか?」
そんな町の人々の声も届くようになってきたのだそう。

この手応えを元に、メンバーは
「今年中には、湯川洋品店の玄関を開けお披露目したい」と考えています!

公開

これまでの六郷商店街の取り組みを、聴くことが出来る
「動き出す商店街プロジェクト」が3/23(土) 14時~
開催されますよ!
「湯川洋品店」への出店者も募集しているということです!

これから、どんな場所になっていくのか!
完成したら、また、お話を伺います!