ABS秋田放送

2019年2月11日

ブルーメッセあきた「真冬の花の祭典2019」

はい、あんちかです。
潟上市昭和にあるブルーメッセあきたにやってきました。

入り口

こちらでは2月9日から2月17日まで「真冬の花の祭典2019」が開かれています。

ポスター

今日はお話を澤井さんに伺いました。
「真冬の花の祭典2019」は、横手市十文字町のシンビジューム生産者が作り上げたシンビジュームをメインとし、潟上市産の冬の花々を販売します。
期間中はシンビジューム約1000鉢を販売予定で価格は500円~1万5千円。切花もありますよ!

全体

シンビジュームは寒さに強く、花も約1~2ヶ月と長持ちします。
今回の新品種をご紹介しますね!
まずは「真っ赤な太陽」
ワインレッドのような色の花びらです。

新種1 

そしてもう1つは「ミラクルガール」
ピンク色の花で目を引きます。

新種2

人気色はピンクと黄色。お客さんはひとめぼれした花、インスピレーションで花を選んでいました。
また、生産者の方が育て方の相談にも乗ってくれますよ。
これだけの数と種類が集まる即売会は、東北ではここだけです!
是非足をお運びくださいね。

☆ブルーメッセあきた「真冬の花の祭典2019」☆
場所:潟上市昭和にあるブルーメッセあきた
開催時間:午前9時~午後6時
電話:018-855-5041