ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2019年1月30日

東成瀬村の冬!雪の中でも動く「なるせ加工研究会」

雪に覆われている冬も元気に動いている! 東成瀬村のお母さんたちを
お訪ねしました!「なるせ加工研究会」の皆さんです。
村の食材に手を掛けて、多くの加工品を作り出しています。
会を立ち上げて32年になるそう。

2ショット

迎えてくださったのは、代表 谷藤トモ子さん。
毎年、軒下まで雪で覆われる 冬!
「アバ達は、恥ずかしがりやなので 雪に隠れているんです^^」なんて
谷藤さんは、笑っていました!
しかし、隠れきれないんです。そのアバたちの、東成瀬村の豊かな自然を
生かした 食材へ手を掛ける思いは!!

直売所

今は、雪の降る寒い中だからこそ!の加工品を作り出していました。
「かゆ餅」です!

軒下 1

かゆ餅は、県南地方に伝わる保存食。
お米ともち米を 一度 やわらかくして ひとつひとつ形つくり、
凍らせて、干し、乾燥させています。

かゆ餅 つくり

かゆ餅 2

軒下2

米油で揚げて、砂糖醤油をからめて仕上げる「かゆ餅」

かゆもち

口に入れると、サクっ。サクサク、ホロホロ。歯ざわり良くて香ばしく!
甘じょっぱさが たまらない! あとを引く美味しさです☆☆☆

今、800枚ほど作り上げたそうですが、まだ、
今年の全体量の1/3量なんだそうです!

取材

昨年は、15センチの直径で仕上げたそうですが、割れてしまうことが多く
今年は、同じ目方で 若干小さくして 厚めに仕上げ対策したのだそう。
自分たちで、ひとつひとつ 手作りしているからこそ!
すぐ、工夫が活きるのですね。
なるせ加工研究会が手掛けている加工品はおよそ30種類!
夏に収穫になるトマトを使った加工品も人気です。

なるせ

あばたち

現在の実働部隊は10人!
1月と3月に、2人のお母さんが定年退職されるそう。
谷藤さんは、販売や加工の基盤を強くして、今後、若い人たちにも
関わってもらい、作り出してきた味を この先にも 繋いでいきたい!
と考えています。

あずきでっち

こちらは、なるせ加工研究会の「あずきでっち」
一度食べたら、あずきの美味しさと、やさしい甘さが忘れられなくなる
逸品です。いま、人気が登っている 商品のひとつです。

なるせ加工研究会の、加工品は、東成瀬村のやまゆり温泉、ホテルブラン
十文字のスーパーモールラッキー、道の駅十文字のほか
アトリオン地下1階 あきた県産品プラザ、あぐりんなかいち に
並んでいます。

また、電話での注文も受け付けているということです!

なるせ加工研究会
電話:FAX 0182-47-2220

直売所「夢・なるせ」 は、雪が溶け4月の連休頃にオープンします!

ゆめなるせ