ABS秋田放送

2018年12月15日

土日だけ古民家で開催「新屋レコーズ」

はい、あんちかです。
秋田市新屋表町にある、築135年の渡邊幸四郎邸にやってきました。

外観

入り口を入ると遠くまで通り土間があり、その横には和室が続いてます。

古民家

懐かしさを感じるこの古民家で、土日のみ“あるもの”を販売するショップに変身するんです。
それは「中古レコード」店になるんです!その名も「新屋レコーズ」

看板

ポスター

今日はお話を芳賀洋介さんに伺いました。
こちらの新屋レコーズは去年7月から開かれています。
なぜこの場所でレコード店を開いたのかと伺うと2つあるそうです。
1つは秋田にレコード店が減ってきて今はほとんどないということ。
2つ目はこちらにある中古レコードは寄付や寄贈でそれを売った収益で古民家の修繕と保存をしているんです。

始めた頃は200枚ほどのレコードでやっていましたが今は約2000枚のレコードが売られており、また面白いのが棚などに陳列しているのではなく、なんとダンボール箱にLPレコードを並べています。
ぴったり収まるサイズで無駄なお金がかからず最高!

レコード

客層はやはりレコード世代の50代&60代、またDJをしている人や口コミで若い方もちらほら訪れているそうです。
こういう古民家でレコードを流したりライブをする醍醐味をきいてみると、コンクリートの壁は音を反射するけど、木は吸収するのでまた味がある音が響くとのことでした。

プレイヤー

電話はありません。土日の正午~午後5時営業中。
是非、足をお運びくださいね。

集合