ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2018年7月24日

後藤果樹園のブルーベリー

はい、あんちかです。
今日は増田町にやってきました。
普段はりんごを栽培している後藤果樹園の後藤保さんがブルーベリーを育てていて、来年、摘み取りブルーベリー園をオープンする予定ということでやってきましたよ。

夏、りんごのお手入れが少し開いている合間に、と始めたブルーベリー。やってみると意外に大変で、と。。。
前日はまだピンクっぽい色だった実は1日で紫色になって、摘み取りしないといけなく、約300本、5、6種類あるブルーベリーにてんやわんや!

畑

木の並び

ラジパルは収穫のお手伝いをしてきました。また近所の保育園の園児たちが行事の一環でやってきて、摘み取りをしているそうです。
ブルーベリーが立派な実をつけるまでは5年。その間、花を摘み取ったり、剪定作業を行い、木を育てます。
ブルーベリーは1本でも実をつけますが、何種類かを交配すると美味しい実が出来るそうですよ。

ブルーベリー

完熟の見分け方は、色と実の茎がついてる部分。ここに“リング”ができると完熟のしるし!そしてきちんと完熟になっていると、手で触るだけでぽろっと取れます。
大きさも色々です。小さいものと大きいとの差をご覧ください。

大きさ

大きいものは500円玉くらいなんですよ。びっくり!!
来年のオープンまで、後藤果樹園のブルーベリーは、横手市のフレンドールのケーキに使われているブルーベリーで味わえます。ぜひ、ご賞味あれ。
そして来年オープンしたらまたお邪魔しますね!
※後藤さんリスナーさんへのプレゼントありがとうございました^^