ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2018年6月23日

第21回ヤートセ秋田祭

はい、あんちかです。
秋田市大町e‐ホテル向かいにある大町イベント広場で開催されている「第21回ヤートセ秋田祭」にやってきました。

踊り1

今日は最高気温27度ということで、じっとしていても汗がにじんできます。そんな中でも皆さん元気に踊っていました!そしてたくさんの屋台もあって人人人!

人ごみ

ヤートセ秋田祭実行委員会会長の樋田芳速さんにお話を伺いました。
まず「ヤートセ」って?
秋田民謡で使われている掛け声で、秋田音頭の出だし。
使用する音楽に地元の曲を入れること!と礼に始まり、礼に終わる。という2つがルールなんです。
今回で21回目を迎えますが、なぜ「ヤートセ」を始めたんでしょう?実は会長は愛知県出身で、秋田の大学に通っているときに秋田に来て良かった。また秋田に来たい。と思い出作りにと。
またその時に駅前の地域活性化が盛んになっており、そのきっかけになれば!と始めたことが回を重ねて21回!すごいですね。

ポスター

そしてあんちかが気になったのが、ポスターに書いてある「たましぽろぎ」こ、これって?実は秋田の方言で「びっくり、驚き」の様。いわゆる「どでした!」の最上級!!なるほど!
今回の参加チーム数は67チームで役1,500名。子供からご年配の方まで参加してましたよ。

踊り2

踊り3

今回、一番遠くから参加してくれたのが「桜よさこいピーアール隊」のみなさん、伊藤さんにインタビュー。
伊藤さんは福島県富岡町から朝の5時にバスで出発。6時間かけて秋田に到着。富岡町は東日本大震災の被害が甚大でしたが、去年から一部避難解除になったそうです。毎年、ヤートセ秋田祭を楽しみに参加してくれています。
秋田のみなさんが手拍子をくれたりして楽しく踊れた!と喜んでいました。これからも毎年是非参加して、素敵な踊りを披露してくださいね。
第21回ヤートセ秋田祭は明日も10時半~大町イベント広場と通町で開催されます。通町では交通規制もありますのでご確認ください。

集合写真