ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2022年1月21日

日本を元気に!あなたの街のささえびと~佐々木茂子さん~

2022年1月21日(金)かおり取材

能代市には、地域の伝統の味を届けようと取り組む方々がいらっしゃいます。

女性グループ「ときめき工房 ねま~る」のみなさんです。

今日は、代表の佐々木茂子さんにお話伺いました!

佐々木茂子さんは、能代市の伝統食を料理教室などでお伝えする他、お弁当やお惣菜を作りお届けしています。

ご自身は、お米や野菜を栽培する農家さん(御年72才!2月に73才を迎えるそうです)

これまで野菜や加工品などを、能代市中心部 上町で開く「ときめき朝市」(春から秋 毎週日曜日)で販売してきました。

「季節のがっこや、炊き込みご飯が好評です^^」

こうして親しまれた味を繋げようと、昨年春、ときめき工房「ねま~る」を地域の女性たち3人で立ち上げました。

「昔から能代で食べている山菜が入ったお煮しめなども作っています。今年は、ハタハタ寿司が上手に出来ました」

一緒に取り組んでいる 渡邊美穂子さんは「麦まきも美味しいですよ。みんなで作るのは、励みにもなります」とにっこり。

 

また「木都のしろを」感じる味わいも作っています。

「杉サブレ」は、秋田杉のパウダーが入っていて、食べるとふんわりと杉が香ります。

結成してすぐ、精力的に動く中、今年に入って、新たに販売をスタートさせた品もあります!

 

「秋田のしょっつるを使ったトマトソースです。試行錯誤を繰り返して、もう出来ないかと思いました‥^^」と茂子さん。

能代特産「能代うどん」をパスタ風にアレンジした「能代チーネ」と合わせるのがおすすめだそうです♪

 

さらに!地域の環境を知ってもらおうと、「身近な畑で自然に触れる 親子でSDGs」と題した取り組みも茂子さんの畑で開催しました。

「栽培している、ハックルベリーという実を8月に摘み取ってもらい、9月にジューサーで液体にして親子で草木染めを体験してもらいました。」

これまでは、ジャムや漬物、クラフトビールに加工してきた茂子さんの「ハックルベリー」は、親子の教材になったそうです!

(参加した子どもたちの絵)

そして、こちらは!

「おしげちゃんの料理教室」

オンラインで全国の参加者に向けて郷土料理をお伝えし、茂子さんは「全国のお母さん」になったそうです^^

能代で大切に育てたお米や野菜をおいしく料理し、その味で「心も身体も元気にな~れ!」と思いをこめる ときめき工房「ねま~る」佐々木茂子さん。

メニューや、活動などは「夢工房咲く咲く「」のホームページでチェックできます!

(ブログでは「ときめき工房 ねま~る」から、いくつかお写真をお借りして紹介しました)

問い合わせ:ときめき工房「ねま~る」

能代市上町8-21

電話:090-2279-44928(事務局 能登さん)