ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2020年8月4日

フードグランプリ限界飯!!

はい、あんちかです。
秋田市新屋。秋田県立美術大学の敷地内にありますNPO法人アーツセンターあきたにやってきました。
いまこちらで面白いものの募集を行っています。その名も「フードグランプリ 限界飯」!!

表

裏
いったい何!?
今日はお話を企画支援をしているNPO法人アーツセンターあきたの田村 剛さんと島 崇さんに伺いました。

インタ
まずは限界飯とは???
一人暮らしを始めて寂しかった時、忙しく走り回って頑張っていた時、何かにはまって節約していた時、お金がなかった時など限界の中で生まれたご飯を限界飯といいます。
レシピだけではなく、そこにある様々なエピソードも語り合いながらお互いの限界を称えあうそうですよ(笑)
SNSには「こんな限界飯をしていたよ!」というコメントが来るそうですが実際の応募は現在0。
せっかくなので中継中に皆さんの限界飯を聞いてみました。すると、
「あるバンドに夢中になっている時にじゃがいもをチンして塩をつけてそればっかりを食べていました。時間すらももったいなくてバイトに費やしたかった」
「海外を旅して帰国してもお金がなく、友達同士で100円ずつ出して白菜と出汁をとるためにしいたけをいれて、ポン酢で食べていた。思い出の味はポン酢」
「100円のラーメンを鍋で作ってそればかり毎日」
またスタジオの2人は
「実家から送られてきたカレールーをお湯に溶かして飲んでいた。でも野菜を入れないとルーとお湯に分離する!」BY竹本アナ
「納豆を毎日食べていた。だんだんいろいろと試したくなり、パンにはさんだりいろいろしていた」BY井関アナ
などなどたくさんの皆さんご自慢のエピソードが・・・。
でもうちの某ディレクターが話していた限界飯が今のところ断トツのグランプリ!
「割りばしにマヨネーズをつけて舐めていた。だんだんすると割りばしが柔らかくなってさきイカのようになる」
「ドックフードを食べていた!」
などどびっくり限界飯!!
ぜひみなさんの限界飯を応募してみてください!締め切りは8月17日。グランプリの方には当日調理した限界飯を用意していただく予定です!

集合