ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ショッピング
SNS
2019年11月29日

「自然との対話―池田大作写真展」大館展

かおりです!
大館市、「ホテルクラウンパレス秋北」を会場に開催されている
「自然との対話 池田大作写真展」大館展 におじゃましました。
案内して下さったのは
「自然との対話 池田大作写真展」大館展実行委員
近藤敬幸さん、岩谷友子さん、佐々木光子さん

4ショット

「自然との対話—池田大作写真展」は、
1982年に始まり、海外41カ国・地域以上を巡回、
日本国内では600万人以上の方が 鑑賞しているのだそう!

広い

「自然との対話」とのタイトル通り
会場には、情景あふれる季節ごとの写真や「月」や「富士」、
「世界の光景」などテーマに沿った写真のパネルがお客さまを迎えています。

内観

大きなミズナラの木の下に立ち、実際に見上げているような感覚を覚える
一枚や、水しぶきを感じるような!
十和田湖の奥入瀬渓流で撮影された銚子大滝のパネル写真など、
会場には87点が展示されています。

2

大きなパネルは、縦160センチ 横2メートル!
臨場感のある 写真には惹き込まれました。
こちらの、特大パネル写真は17枚あり、会場では
足を止めて写真に向き合う人の姿がありました。

「列車の窓から、飛行機の窓から、その一瞬をパシャリと撮られていて、ユニークだと感じています」
「私たちは、忙しく毎日を過ごしていますがそんな時こそ、静かな写真の世界を楽しんでみてはいかがでしょうか」
と佐々木さん。

池田大作氏は、多くの指導者、文化人との対話を通じた民間交流を
推進していらっしゃるのだそう。
写真芸術の面では、世界で高い評価を受けているということです。

インタ

「写真展をご覧になったお客様からの声も さっそく届いています。」
と岩谷さん。

女性

「会場の雰囲気や写真そのものに、堅苦しさがまったくなく、
優しい写真に包み込まれるようでした。」
「どの写真を見ても生命力に溢れており、
雪景色を見れば、「強く生きていこう」と感じ、
花々の写真を見れば、心を和ます優しさがありました」

「自然の美しさに圧倒されました。
色々なコーナーのところで掲げてあるメッセージにも、勇気をもらいました。
命が洗われました」など
写真展から感じた多くの思いが届いていました。

ありのままの自然の美しさとの対話を
気取らず飾らず繕わず 映した一枚、一枚は
見る人の こころの 深いところに、響いてきます。
近藤さんは
「写真は、誰もが気軽に楽しむことができる「開かれた民衆文化」
この『自然との対話』写真展が、自然と人間との共生を探究する場として
多くの方々に愛され、さらに、写真文化の広がりに貢献することができれば、
主催者として、これにまさる喜びはありません」とお話していました。

時間をゆっくりととって、ぜひ、会場で その一枚一枚との対話し
ご覧下さい!

******************************
「自然との対話 池田大作写真展」大館展

11月28日(木)~12月1日(日)
午前10時から午後7時まで。
会場 「ホテルクラウンパレス秋北」 二階 孔雀の間
入場無料です

問:018−880−2501、創価学会秋田文化会館
******************************