ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2019年10月16日

刈和野のワロック「和栄堂」

はい、あんちかです。
大仙市刈和野にやってきました。
みなさんワロック(WAROCK)って知っていますか?
西オーストラリアから伝わった石の遊びで、2017年北秋田市阿仁から始まり日本全国に広がってます。

わろっく

実は刈和野は結構、ワロッカー(ワロックをする人)が多くて、たくさんのスポットがあります。
今日お邪魔した66年の歴史がある菓子店「和栄堂」もその1つ。

外観

3代目の佐藤勇弘さんにお話を伺いました。

店主

なぜお店でワロックを始めたのかを聞くと驚きの答えが!
「近くにあるワロックスポットの仏壇やさんを探すと、なぜかGoogleがうちの店を指して。そうやって来た人が石を置いてもいいですか?と言われて置いたのがきっかけ」
だそうです。
店内には所狭しとワロックが100個以上もあります。
昔お菓子を並べていたガラスケースの中や入り口横の棚、ケーキのショーケースの上や出窓の上にも!

わろっく1

ガラスの石

ガラスケースの中にあるワロックは、交換ができない展示だけのワロックです。
そして外の木の棚にもワロックがあって聞いてみると
「店が休みの日や、店が閉まった後に来たワロッカーが交換できるように」
と外にも置いてあるのです!

ワロックを始めてお店のお客さんが変わったのか伺うと
「今まではご近所や県南のお客さんが多かったけれど、今は秋田県内や県外からも来てくれて嬉しいです!」
と言ってましたよ。
そして佐藤さんのワロック「やさぐれパンダ」がこちら↓

パンダ

はじめはかわいく書いていたパンダが悪い子になってしまいました(笑)
こちらは交換可能ですよ!
そして今日、たまたまお店に居たのが大仙市の地域おこし協力隊でワロッカーでもある伊藤貴輝さん。

インタ1

伊藤さんはワロックが好きでいつも金魚や花などを描いているそうです。
でもよく来るという和栄堂に伊藤さんのワロックはない。
聞くと
「描いているうちに愛着が湧いてしまい、放石出来ずに全部家にとっている」
そうです(笑)
ぜひ今度、力作を放石して見せてくださいね!
そして伊藤さんが企画するイベントが11月2日あるそうです。

ポスター

こちらでワロック体験できるので、手ぶらでOK!みなさんぜひご参加くださいね。
ワロックが繋ぐ輪はまだまだ広がりそうです!!

☆和栄堂☆ 
住所:大仙市刈和野字清光院後41-9
営業時間:午前8時から午後6時半
定休日:日曜日
電話:0187-75-1121