ABS秋田放送

2019年3月16日

ドローン空撮展

今日はフォンテ秋田6階、フレアール秋田で開催されている「ドローン空撮展」にお邪魔して来ました!

いりぐち

田沢湖RCフライングクラブ会長であり、撮影者でもある田村清一さんにお話を伺いました。
田村さん、普段は仙北市にある畠山建設工業で働かれているのですが、仕事の合間を縫って40年ほど前からラジコンヘリを飛ばし始め、およそ10年前くらいからドローンを使用して写真を撮り始めたそうです。

2s

田んぼアートが内陸線が一緒に写っている写真や、夏祭りや雪祭りを上空から撮った写真など、普段は見ることが出来ない視点から日常を切り取るような壮大な写真が沢山展示されていました。

たんぼあーと

イベント

また、空から撮った写真は、田んぼアートの春、夏祭りの夏、紅葉の秋、雪まつり・紙風船上げの冬 というように四季を感じることが出来るように展示がなされていました。

ゆき

写真を撮影する小型ヘリとドローンは、操縦にもかなりのテクニックが必要なそうで、撮影するにはかなりのコツが必要なのだそうです。
そんな不安定な状況の中で、ピッタリ構図を決めて風景をフレームの中に収める技は、まさに職人のようでした!

どろーん

doro-n

いつもとは違った視点から日常を見つめなおすことが出来るような写真展に、足を運んでみてはいかがでしょうか?
「ドローン空撮展」
フォンテAKITA6階 フレアール秋田
13:00~19:00
3月17日(日)が最終日となっています。最終日は写真を撮影された田村さんや、ドローン空撮をされているお仲間も会場にいらっしゃるそうです。撮影の裏話なども聞くことが出来るかも!?

リポーター ゆきな