ABS秋田放送

2019年2月23日

和紙ひな展「雛咲く春」

今日は秋田市大町にあるココラボラトリーで、和紙雛人形の展示会があるということでお邪魔してきました。

gaikann

会場の中には様々な雛人形が飾られていて、部屋全体が可愛らしい雰囲気に包まれています。

ぜんたい

turi

展示されている人形を制作されている創作和紙人形作家の草薙郷子さんにお話を伺ってきました。

展示される雛は、すべて草薙さんの手作りで体の部分から着物、小物に至るまで本当に細かい部分まで丁寧に作りこまれていました。

nakami

tennkann

雛人形は、体の部分は針金を中心として、脱脂綿などで肉付けしているそう。

体の部分は針金で作られているのでポーズの変更が可能ということで、人形がイキイキと展示されているのが印象的でした。

appu

また人形が着ている着物や、身に付けている小物もほとんど草薙さんの手作りということでした。どうしても作ることが出来ない小物は、雛人形の小物専門店で買い付けているそうです。

着物のデザインの仕方から、小物の選び方に至るまで、すべての人形から雛人形への愛情とこだわりを感じることが出来ました。

そんな草薙さんが「雛人形を作ろう」と思ったきっかけは、自分専用の雛人形が無いことが寂しいと思ったからだとか。
そう思い立って以来、雛人形の大ファンになった草薙さんは旅先で雛人形を購入したり、自分で作ったり という活動を始めたそうです。

草薙さんが丁寧に、愛情込めて作った雛人形は、秋田市大町、パンプルムウス近くのココラボラトリーにて見ることが出来ます。
今日23日は五時半まで、最終日の明日24日日曜日は16時前の展示されていて、入場は無料となっています

2s

(ココラボラトリー連絡先)
秋田県秋田市大町3丁目1-12 川反中央ビル1F
TEL/FAX 018-866-1559