ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2019年2月2日

思い出のミニ着物

今日は牛島、三皇熊野神社の近くに着物を可愛らしくリメイクしている人がいると言うことで行って来ました。

外から見ると普通のお宅で、窓に「和服 仕立て・お直し承ります」と一言
このお宅の中で可愛らしい「ミニチュア着物(ミニ着物)」が作られているのです!

玄関

今日はミニ着物を作っている菅原美由紀さんにお話を聞いてきました。
菅原さん、普段は着物のサイズ直しをしたり、振袖から訪問着にしたりと着物のお直しをされているそうなのですが、最近では着物をレンタルする人が増えて仕立ての仕事も少なくなってきたそう。
そんな時、近所の知り合いから「娘の振袖何とかしてけね」と頼まれて振袖をミニチュア着物にすることを思いついたそうなんです。実際に「ミニ着物」を見せてもらうと細かいところまでしっかりと作りこまれていてとっても可愛らしいんです!

きもの1

着物を持っていた人が一番好きな着物の柄を前身頃に持ってきたり、胴裏(着物の裏地の上部分)から八掛(裏地の下部分)に向かってグラデーションになっていたりと、趣向が込んだつくりとなっていて、菅原さんの着物への愛を感じることが出来ました。

きもの閉

きもの斜め

日常生活で着物を着る機会があまり無い今日この頃、着物が何年もタンスの肥やしになっている方もいらっしゃると思います。
そんな方は是非「ミニ着物」を作ってみてはいかがでしょうか?

リポーター ゆきな

和服仕立て師
菅原美由紀さん
電話:080-1812-1634