ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2018年11月20日

ここだけ!由利本荘市「重兵衛トマト」

はい、あんちかです。
由利本荘市にやってきました。
本荘IC近くにあるフレッシュグリーンという直売所とレストランが併設する場所に集合!

外観

(レストランの営業時間は平日11時~14時、土日11時~16時)
中に入ると新鮮な地元の野菜、そしてこちらにある調理場で作られた美味しいお惣菜が常時30~40種類並んでいます。向かいにはレストラン。

店内

惣菜

いも

レストランでは惣菜を3種類選んでご飯や味噌汁がついた定食が人気なんです。
また、こちらの裏のハウスで作っているおいしいトマトを使ったパスタ。

セット

パスタアップ

さぁここからが本題。
美味しいトマトの正体を明かしますね!!
ここでしか取れない、作られてないトマト。
その名も「重兵衛トマト」をみなさんはご存知ですか???

トマトのパック

今日はお話を株式会社池田 常務取締役 池田宗亮さんとトマトの栽培担当の藤井勉さんに伺いました。
こちらで「重兵衛トマト」を栽培し始めたのは約6年前。由利本荘市では米農家が多く、野菜でもなにか有名になるものを!と考えだされたのがこちらのトマト。
始めは2棟のハウスで始めましたが今は4棟あります。

ハウス

1棟のハウスには約1500本のトマトが植えられており、1本から7~12個のトマトが採れます。
一時「重兵衛トマト」消滅の危機がありましたが、当時、レストランの料理長であった藤井さんがトマト栽培に携わることになり、なんとか存続することが出来たそうです。
しかしトマトといえば夏野菜。通常だと8月前後の栽培だと思います。こちらのハウスでは夏と冬の2回。今が冬の栽培真っ盛り。
土には植えず、水耕栽培をしています。
そうそう!この「重兵衛トマト」の特徴は糖度が8~15度あること。フルーツのよう。
本当かどうかいざ、実食。完熟で真っ赤っ赤!リコピンたっぷりね。

トマトアップ

もぎたてをいただきます。ん!わ、ジューシーで本当に甘い。でもほんのり塩味がするような・・・。
すると藤井さんが「収穫してから3日くらい常温で置いとくと、もっと甘くなるよ。」と3日経ったものも試食。

トマトカット

ん~~~。さらに甘くてジューシーで、食べた後も口の中にトマトの甘さと旨みが残ってる!
トマト嫌いのあやえさんも「おいしい」とおかわりをねだっている(笑)
この甘さの秘密は、なんと塩水!塩水がトマトにストレスを与えて甘くするからだそうです。
だから葉っぱがしなびているんですね!でも触るとぴんとしてる。
こんなに美味しいトマトが、ここ秋田県の由利本荘市にあったとは!驚きです。
池田さんはこれから少しずつ広め、全国に知ってもらいたい!とおっしゃっていました。
「重兵衛トマト」を購入したい方は、ぜひフレッシュグリーンに足をお運びくださいね。

トマトの棚

「重兵衛トマト」のジュースもオススメです。

集合

☆フレッシュグリーン☆
場所:由利本荘市、本荘IC下りて左折。横手方面に1.5km走り左手側の白い建物に緑の看板が目印。
電話:0184-74-5505