ABS秋田放送

2018年7月26日

実は、ソフトクリーム屋さん!~潟上市昭和大久保~

かおりです! 
先週の木曜日、こちらの潟上市昭和大久保を訪ねていたラジパル。
実は、その時に、気になるものを 見つけていたんです。
それは、道沿い ぽつん とたたずむ ソフトクリーム! いや、
ソフトクリーム型のオブジェ!

ソフト 出てる

道端

看板が出ている お店?でもない
道沿いの ちょっとモダンな作りの民家?と思われる場所に 出ています。
木の格子が 建物の1階にあしらわれ、ドアもあります。
気になったので、おじゃましました!

どうも~

木の格子戸を開くと、中には カウンター、そして、
「ソフトクリーム」とあります。
出てきたお母さんにお話を聞くと!こちらは、ナント!
「粉やです」とのこと。でも ソフトクリーム を売っているそうです!

内観

こちらは、もともと「淡路製粉」の工場 兼 母屋があった場所だそうです。
今は、工場は、別の場所へ移動していますが、
もともと工場があった昭和20年代から、こちらのおばあさんが「かき氷屋」を
行っていたのだそう。
もちろん、淡路製粉の白玉粉や、もち粉なども売っていました。
お店があるのは、昭和大久保の商店街。
当時は、道を向こう側に渡るのも難しいほど にぎやかな商店街だったそうです。
店舗には、テーブルと椅子もあり、たくさんの人が淡路製粉のかき氷を
食べに来たのだとか。
かき氷は、その後、今の淡路さんの代になって、1人での営業も厳しくなり
休業したのだそうですが、
おばあちゃんの代には始めていたソフトクリームだけは、今でも
続けているのだそうです。
10年ほど前に、店をリニューアルした際に、格子の扉になり
看板はつけずに、ソフトクリームのオブジェだけを置くようになった
のだとか。

メニュー

一番人気は、バニラのソフト。
そして、チョココーヒーは、淡路さんの調合によるオリジナルだそうです。

ミックス

後姿

中継中も、次々にお客さんが買いに来ていました。
「人から聞いて美味しくて!」というお客さんに
「ラジオを聞いたよ!」と来てくれたお客さん。(近所のおばあちゃんも♪)
近所の小学生!

集合写真

昔のかき氷を懐かしんで、こどもを連れてソフトクリームを
買いに来る方も多いそうです。

サンデー

こちらは、チョコサンデー!

かお

チョココーヒーとバニラのミックスをいただいたラジパル。
バニラは、なめらかで甘さひかえめ、穏やかに、でも食べるとしっかり
バニラが香ります。
チョココーヒーは、コーヒー牛乳の味~~♪ おいしい~~~☆

巻いてる

ソフトクリームの機械は2代目ということ。
注文によりしばらく機械が動かないとコーヒーが濃くなるなど、
手作り調合ならではの「その時の味わい」も生まれるのだとか♪♪

淡路製粉のソフトクリームは「暑いうちはやってます」ということ。
お休みは不定休だそうです。
場所は、JR大久保駅 そばの踏み切りを渡り
(五城目警察署昭和交番前の踏み切り)
大久保郵便局へ向かう途中の左手。です~!

初めて食べた人も、どこか懐かしさを感じるような。
美味しいソフトクリームですよ!

外観
              あっ、ラジパルカーでソフトが隠れてるっ!