ABS秋田放送

2017年12月19日

大人の絵日記講座

あやえです。
今日はなかいちにあるにぎわい交流館AU4階の研修室にお邪魔しました。
今年も残すところあと10日あまりとなりましたが、これから何か新しいことを始めようと思っている方にぜひオススメしたいものがあるんです!今からでも遅くないんですよ~!
それは、「大人の絵日記」なんです。
絵日記と聞くと、小学校の頃とかに描いたと思うんですが上に絵を描いて下に文章を書くのを想像しますよね。
でも大人の絵日記はまったく違うんです。

絵日記

これが大人の絵日記なんです。
大人の絵日記は本当に自由で、ノートも自由、絵を描く場所も自由、言葉も自由なんです。自分のスタイルで描いていいんですよ。
長々と文章を書くとなると毎日続けられない人もいますよね。でも大人の絵日記は、印象に残った絵とそれにひと言添えるだけでいいんです。色は色鉛筆で塗っているんですが、これにもコツがあるそうで色を塗る順番や力の入れ方も違うそうなんです。
講師でイラストレーーターの天貝繁子さんにお話をお聞きしましたが、絵日記のすごいところは絵と文で出来ているところで、両方のよさがプラスされて相乗効果で絵もうまくなるし、生き方が前向きになってくるところだそうです。
絵がうまく描けないなと思ったら、言葉で気持ちを添えれば良いし、気持ちを文章で書いたら簡単な絵、イラストを添えておくと状況がさらによくわかるそうです。
絵と文はとても強力で、気持ちがスッキリしたり、旅に出たときに写真と違った心に残る思い出になるし、なにより心がわくわくしますとお話してくれました。

天貝先生の絵日記講座では、まず始めに、丸、三角、四角を描いて手を慣らしたあとに、先生の絵を参考にして描いていくそうです。
実際、講座に参加している方の絵を見させていただいたんですが9月に始めたばっかりという方が今では

絵日記2

こんなに上手に描いていたんです!!びっくりしました!!
これも描き方や色の塗り方を教えてもらって毎日続けたらこんなに上手に描けるようになったそうでなんです。

そして天貝先生も始めはこのように描いていたそうなんですが

書き始め

今では

絵日記3

とにかくびっくりです。
講座に来る方同士でノートを見せ合うことで、刺激になるそうです。
そうするとさらに、塗り方描き方に慣れてきて自分の絵は自分らしくていいなと思えるそうです。
だから、絵の上手い下手は関係ないんです。
こうやって、絵と文で描くだけで印象に残るだろうし、何年後かに見返しても思い出せそうですよね!
そして毎日描くことで絶対に絵は上達してるので、どんどん上手くなっていってると思うと自信も持てるようになりますよね。

天貝先生は絵を描く敷居が高いから下げれないかなと思って大人の絵日記を始めたそうです。
絵を描くのが苦手な方でも、こうやって毎日の絵日記をつけることで、絵を描くのも楽しくなりそうですよね。
これは今すぐでも始められると思います。ぜひ興味を持った方、新しいことを始めたいなという方はHPで「天貝繁子」と検索して、調べてみて下さい。

集合