ABS秋田放送

2017年11月27日

畠山つくだ煮店

「朝、ブスだった!笑」とゆみこさんに言われたあんちかです(笑)【深夜ラーメン食べて顔がむくんで】
今日のテーマは「佃煮」ということで秋田市民市場にあります畠山つくだ煮店にお邪魔して店主の畠山義男さんにお話を伺いました。

佃煮店外観
こちらのお店、約70年も続いてるお店で、なんとつくだ煮が約50種類ほども所狭しと並んでいます。

つくだに1
ラジパルが取材している間もひっきりなしにお客さんが買い物に来ていて、今の時期だと県外へのお歳暮に利用する方も増えているそうです。
常連の方にお話を伺いましたら「1品足りないときに」「箸安めに」つくだ煮を食卓に出しているそうです。
つくだ煮は日持ちがだいたい1ヶ月ほどでこちらのお店人気ランキング1位が白魚、2位いかあられ、3位が磯クルミですって!
わかさぎは八郎潟の魚を使っています!

わかさぎ
そうそう、つくだ煮って砂糖を大量に使うのかな?って思っていたら砂糖はもちろんのこと、水あめや寒天もだそうです。寒天にはビックリ!
そして、スタジオパーソナリティーの突然の突っ込みに「イナゴのつくだ煮」を食べることになったあんちか!
形が、グロテスク・・・。足に顔に腹筋が割れてる!
でもでもいっちゃいます、実食!「かりかりこうばしい」え!?予想外においしいの^^
あんちか、ゲテモノ!?リポーターになりたかったから第1歩踏み出しました笑
でもこのイナゴのつくだ煮が一番の高級品だそうですよ!


美味しいつくだ煮がたくさんの畠山つくだ煮店、どうぞご利用くださいね。

つくだに4人