ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2021年1月14日

仔牛が誕生☆大仙市大沢郷 佐々木義実さんの牛さん☆

2021年1月13日(水) かおり取材

「丑年の松の内に仔牛が生まれたよ」と聞いて、大仙市大沢郷で農業を営む佐々木義実さんをお訪ねしました。

仔牛は、丑年の2021年1月6日に誕生しました。

予定日よりは1週間ほど遅れたそうですが、お母さん牛も、仔牛も元気いっぱい!仲良く同じ牛舎で過ごしています。
仔牛は生まれてすぐ立ち上がり、お母さん牛のおっぱいを飲んだそう!
牛の親子のたくましい姿に、いのちの力強さを感じました☆

佐々木さんは、お父さまの代から受け継ぎ19歳で農業を始め牛を育ててきました。
牛と暮らし45年以上!になります。
多い時では、30頭の牛を飼っていたのだとか。
現在は15頭の牛がいて、今日はのんびり草をはむ姿がありました。

育てた牛は、由利本荘市のあきた総合家畜市場へ。
2月の競りへ行く牛さんもいました。

牛舎の外にあるフィールドで、牛が白い雪の上で過ごす姿も!
佐々木さんは、牛を冬も外に出して健康に育つようにし、1頭、1頭の体質、個性を知って寄り添っています。
今回、生まれた牛さんは、こうして佐々木さんが人工授精を行い誕生しています。
「技術とばかりは言えない。牛の個性を見て体調を整えてあげて、無事に出産できるようにしています」


                 (こちらは種牛や血統などを記した血統書)
今回 出産したお母さん牛は12回目の出産。
さらには17回も出産したベテランお母さん牛もいます!!こんなに出産できるのはなかなかないことなのだそう!
「今回発情しなければ、18回目の出産となる仔牛が、もうおなかにいるかな」と佐々木さん!!
ていねいにお世話を行っているからこそ、牛さんも健康に過ごせているのだと感じました。

佐々木さんは、生まれた仔牛に名前を付けています。
名前は佐々木義実さんから取りメスは、ひらがなで「ささよし」
オスは漢字で「佐々義(ささよし)」

今回の誕生はメスの113番目となる「ささよし」ちゃんということ。
お名前は「113ささよし」になります!
ラジパルが訪ねてお話を聞いた1/13 と偶然にも重なる数字☆☆☆
運命を感じ、元気な仔牛の姿から「大変な幕開けとなった2021年も、いいことを数えていけそう」と明るい気持ちをもらいました。

佐々木さんは、農業体験を受け入れ交流を続けています。
田んぼでの米作りや野菜作りなどを行うご自身の場所を「秋田百笑村」と名付け取り組んできました。

農業をはじめようと考えているという方も、学ぶことができます。

今では、佐々木さんのお宅は「大沢郷百笑村一番地」で郵便物も届くのだとか!
今日も、ラジパル中継の前には「秋田百笑村」のお米を発送していた佐々木さん。
お米は全国各地へ届けられています。

春、農作業がスタートした際には「秋田百笑村」をまたお訪ねし、その取り組みにつてい伺います!

佐々木さん、ささよしちゃん、お母さん牛さん
今日はありがとうございました!

丑年が明るい年になるのでは!そんな希望をもらったラジパルでした!

秋田百笑村 佐々木 義実さん
大仙市大沢郷百笑村一番地
電話:FAX 0187-78-1994

特別栽培米のあきたこまちや、コシヒカリの購入もできます!