ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2019年10月31日

三種ミュージカル「秋田の赤い靴物語」

かおりです! 
11/10(日)三種町八竜体育館で「三種ミュージカル」が上演されます。 
「三種ミュージカル」は、三種町の町の方を中心に作り上げられる
「手作りのミュージカル」です。
脚本、キャストも、裏方もすべて町民を中心にした
メンバーで制作され、さまざまな年代の方が舞台に上がります。

今日は、公演 間近で練習にも力が入る皆さんに今回の「三種ミュージカル」
について伺いました!

集合

ラジパル中継にご出演下さったのは、7人の方々。
この「三種ミュージカル」に初回から取り組み
脚本:演出をされているのは 岩谷 作一 さん。
「出演や、スタッフなど総勢250名で作り上げる舞台。
後世に伝えたい 町の歴史や文化、風物や偉人の生き方などを演じて、
過去に学び、ミュージカル制作・公演を楽しみながら
未来に生きる若い世代に夢と希望つなげるものです」と岩谷さん。

小さい子どもから、年配の方まで。
年齢も、職業も違うメンバーが集まり、
岩谷さんが制作された 脚本よる地域の歴史や文化を
ひとつの舞台として作り上げていきます。
ミュージカルの曲、BGMは、生演奏なのだとか!!

今回、11/10(日)に上演の三種ミュージカルは
「秋田の赤い靴物語」愛は国境を越えて

チラシ

童謡「赤い靴物語」で知られる 女の子が、八竜の出身だった
という歴史に基づいて制作された物語です。
封建的な風土と、人間同士の葛藤を越えて 赤い靴の女の子=ハツ が
アメリカに渡り出会った 宣教師 ハリソン教師。
二人の 国の枠を越え、民族の違いを越えた
「究極の人間愛」の物語を、演技と歌と踊りで 描いています。

インタ

装置などもオリジナルで、見応えある舞台になる!とのこと。

今日は、特別に少し、上演してくださいました!
みなさんは、春から練習を積んできたのだそう。

本番では、コーラスには、八竜、琴丘、山本の合唱サークルをはじめ
能代市の市民合唱団有志、八竜中学校3年生全員が参加するほか
バレエ団なども踊るということ!
まさに 役者、スタッフ総勢250名で作り上げる舞台です!!

本番まで、あと10日ほど!
それぞれが、演技や役割を果たし、ミュージカルを通じて
人と人とが繋がっている実感を 重ねているのだとか。

役者のみなさん

第4回 三種ミュージカル
「秋田の赤い靴物語 」愛は国境を越えて

みなさんもぜひ、その熱い思いと舞台に出会ってくださいね!

11/10(日) 午後1時 開場  
場所 三種町 八竜体育館です!
入場料 おとな1000円/高校生以下500円