ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2016年6月23日

今井麹屋(能代市)の玄米甘酒!

能代市住吉町「今井麹屋」におじゃましました!
今井麹屋では100年 受け継がれてきた昔ながらの伝統的な方法で
米麹を作られています。

今井麹屋01

迎えてくださったのは、今井麹屋 今井 勇太さん
東京農業大学 醸造科を卒業して、家業の麹屋を継ぐ 4代目です。

今井さんが作られた麹の箱。
覗かせてもらうと、白い麹だけでなく 褐色の麹が!
「玄米の米糀」でした。
今井さんは、
「玄米で」作られた糀で仕込む「玄米甘酒」を造られているのです。

今井麹屋02

能代市内の農家さんが栽培した「あきたこまち」の玄米を使い
なにか作りたいと、取り掛かった今井さん。
玄米の糀は、白い米の糀の技とは ちがった特性があり
完成までは、試行錯誤の繰り返しだったそう。
あきらめたかけたこともあったそうですが、周りの人々の
応援もあって、ついに、今井さんは「玄米甘酒」を完成させたのです!

玄米甘酒、味は、一般の甘酒にくらべ、甘みが やわらかく
飲み口はスッキリとしています。
玄米独特の風味を感じながら
食物繊維やビタミンなど玄米の栄養素を丸ごといただけるのです!

今井麹屋03

始めにお披露目したときには「こんな珍しいものは 売れないかもしれない」と
言われたこともあったそう。

しかし、実際は、すぐに完売!

飲み口は「好きな人は好き、苦手は人は苦手」とも言われるそうですが
今は、今井麹屋だからこそ手に出来る
貴重な「甘酒」として人気になっています。

甘酒は俳句では夏の季語でもあります。
これから暑くなる季節 今井麹屋の「玄米甘酒」
飲んでみてはいかがですか?

******************
今井麹屋 
能代市住吉町10-21
(風の松原通り沿い)
0185-52-6415
日曜日 定休
******************