ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2018年6月14日

「恋ベリー」~ハート型甘いトマトの産地化を目指す

かおりです! 大仙市南外には「ハート型♡プチトマト」を栽培し
産地にしていこう!と取り組んでいる方々が いらっしゃいます。
秋田農販のみなさんです。トマトの名前は「恋ベリー」
恋した時の「キュン♡♥」を表す可愛さ、濃く甘い味、フルーティさが特徴です

ハート

恋べりー

100円玉 大の真っ赤なプチトマト「恋ベリー」 
カットすると きれいなハートが現れます♡♥

トマトアップ

口にすると!胸を打たれるその「甘さ」!
糖度は10度~ スイカ並みです。
肉厚の食感で、トマト特有の青臭さもありません。
ビタミンA,Cの含有量も高く、特にリコペンは一般のトマトの2.6倍あると
分析されたのだそうです!

ハウスと上り

「甘い、可愛い、身体にいい」の「恋ベリー」
特に、首都圏で注目され人気が高いのだとか。

サンドイッチ

こちらは、サンドイッチ。ハート型の断面が、なんともキュート!
「インスタ映え」です!
東京の三越、伊勢丹、東急などでも好評だそうです。

秋田農販 代表取締役の 高橋 浩行さんは
「恋ベリー」の産地化に取り組み、持続可能な農業を目指したい!と
5年前から栽培を始めました。

高橋さん

「恋ベリー」は、高橋さんが付けたお名前(居酒屋会議で^^)で
もともとは「トマトベリー」という品種です。国内でも栽培農家が少ない品種だそうです。

トマト ふさ

高橋さんは、秋田で冬期間も栽培が出来るよう考え
「籾殻」燃料とする「籾殻ボイラー」を導入した栽培を確立させました。
米どころ秋田は、資源量3位にもなる「籾殻」です。
籾摺りされたものを そのまま利用でき、燃料として利用した後の薫炭は
融雪材や土壌改良剤として利用できるのだそうです。

籾殻ボイラー

ハウス

高橋さんは、この「恋ベリー」の栽培を広げ、
新たな担い手を増やし、付加価値を持たせた秋田県農業生産物を
全国、世界の市場を目指して行きたいと考えており、
秋田農販では、若手の社員が力を出しています。

小原さん

作業

インタ 女性

インタビューした女性社員の加藤さんは、16日から本採用となる新入社員です。
東京から、大仙市に戻り、秋田農販に入社しました。

秋田農販では「恋ベリー」とともに「イチゴ栽培」にも力を入れています。
特に新潟県で開発された品種「えちご姫」は秋田では、ここだけ!の栽培となる品種だそうです。
加藤さんは、イチゴの担当です。

えちごひめ

集合

秋田県大仙市南外から、お届けする「恋ベリー」
秋田県内のタカヤナギの店舗にも並び始めました。
ぜひ、味わって「キュン」とする味を確かめてくださいね♡♥
そして「恋べりー」の栽培に興味のある方は、秋田農販へ!
お尋ね下さい。

*トマトのもぎ取り(30分)食べ放題体験(1500円)も行っています

楢岡焼き

タカヤナギの夏のギフトには、限定10個で
地元の窯元 楢岡焼のオリジナルハート皿に入った秋田杉箱入り
恋べりーも登場します!

秋田農販 大仙市南外悪戸野147 (南外庁舎裏手)
0187-74-3037