ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2017年1月19日

ネコカフェ「柚の家」~保護された猫など40匹!がお迎え~

由利本荘市一番堰に昨年5月にオープンしたネコカフェ「柚の家」
40匹のネコが迎えてくれます。
ひとなつっこく、おだやかな表情のネコたち。
しかし、みんな オーナーの伊藤昌子さんが、保護したネコなのです。

ネコカフェ 1

ネコカフェ 2

カフェオープンの いきさつは、夏のある日、伊藤さんが飼っていた、
奏(そう)と柚(ゆず)が網戸を開けて脱走した事から始まります。
(柚はすぐに捕まえたそうですが、奏は半年 旅をしていたのだとか)

そう

(写真は奏)

伊藤さんは、ポスターやチラシを作ったり、ラジオで呼びかけたりしながら
どうにか無事に帰ってきて欲しい。と大事な家族の 奏を
毎日 夜中まで 必死で探しました。
そんな中、奏とよく似た捨てネコ、キズを負ったネコ、病気のネコなどを
目にしてきたのだそう。

そうして、捜索活動をしながら、自分が
出会ったネコたちを保護することを始めたのです。

ネコカフェ 3

伊藤さんは 保護したら、その足でまず 病院へ行き
ウイルスなどはいないか、負っている傷は治るのか。
医師の診察を受けてから 連れてきていたそう。

10匹を保護した頃、「ネコカフェをオープンさせよう」
「ネコも人も、幸せに過ごせる場所を作ろう」と決意しました。

ネコカフェ インタ

ネコカフェをオープンするに当たり 動物管理責任者やカフェ開業に
必要な資格を取り、昨年5月に「柚の家」が開店となりました。

多くの問題をかかえるネコを、保護し、治療を受けさせ
1匹1匹に名前を付けて迎え入れている伊藤さん。

奏も、無事に見つかり、帰ってきて☆☆☆
今は、40匹のネコのビックマザーです。

ネコカフェ 4

しかし、保護したネコすべての治療費は大きな額となりました。
オープンして数ヶ月で、150万円に上ったそう。
ネコによっては、1度の手術で20万円がかかることもあったとか。
伊藤さんは「柚の家」のネコが健康で過ごせて、来た人たちに元気を
与えられるように。とインターネットの「クラウドファンディング」で
ネコにかかる医療費の協力を呼びかけました。
全国から、あたたかい支援が集まり
「自分には出来ないことをしている伊藤さんを支援したい」という
メッセージも寄せられました。

ネコカフェ 3ショット

「柚の家」のネコはみんな仲良しです。
伊藤さんの愛情が伝わっているのだと感じました。

能代の海岸で保護され 犬猫ネットワークからきたネコや、
どうしても飼うことが出来なくなった方から引き取ったネコ
あと30分で殺処分になってしまうところを連れてきたネコもいます。

170119-15d
(こんなに ひとなつっこい)

ネコ追加

いまでは、ネコたち、みんなが
のんびりと「柚の家」で過ごしているます。
オープンから8ヶ月、訪れた人は のべ2千人ということ。
居心地のいい、やさしさとぬくもり、ネコの癒しに
人は 元気をもらっています。

「一度は捨てられたネコたちが、元気で暮らし、そのネコたちに癒されて
人も元気になる。ネコも人も幸せになれる場所」
それがネコカフェ「柚の家」です。

**********
ネコカフェ 柚の家

由利本荘市一番堰34-13
(108号沿いの ツルハ 向かいの道を入った住宅地)

定休日:水曜日
営業時間:午前10時~午後8時(最終入場7時)
入場料:1080円(おとな1時間 その後15分経過ごとに216円)
ドリンクバー:324円 ねこのおやつ 324円

おとな向けにオープンしているネコカフェが多い中で
ここは、小さな子ども入ることができます! 
子ども料金は半額です!

問:090-8617-8715

**********