ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2018年5月11日

60歳からの挑戦!耕作放棄地の菜種畑&菜種油作り

かおりです!
大仙市協和小種地区に、まぶしすぎるほど鮮やかな菜の花畑があります!
耕作放棄地だった土地を改良し、栽培された菜の花です。
広さは合わせて15ヘクタール!
こちらの畑は「まるで牧場の中が菜の花でいっぱい!」そんな様子!です。

菜の花畑

栽培に取り組んでいるのは、
農事組合法人 エコファームの皆さんです。
会長の 佐藤 誠さんにお話を伺いました!

3ショット
                          
佐藤さんは、小種地区で暮らしています。荒れていく耕作放棄地を見て
「何かやってみようかな。菜の花 植えたら景観がよくお花見できるかな」と
退職してから 菜の花栽培を始めたのだそうです。
現在は6人のメンバーで取り組んでいます。
動き始めて 今年で9年。菜の花畑を訪れる人は年々 増え 
今では「観光地ではない観光地(佐藤さん談 ^^)」になっています☆
訪れたお客様も口々に「すごい~☆☆」と言って写真を撮っていました!

アップ

佐藤さん達は、この菜の花からなたね油「まほろば菜油」を作っています。

まほろば

閉校した 地元の 小種小学校の給食室を利用し、
オリジナルの「採油機」を置いて 生産は手作業で行われています。

搾油機

搾油機械

小種産の菜の花だけを使った 無添加のなたね油です。
販売は、菜の花が開花している間は、菜の花畑のそばで。また
道の駅「協和」、道の駅「かみおか」、西武秋田店で行っているそうです。

まほろば菜油

食べられる

エコファームのみなさんは「ちょっと食べてみて」とその場の菜の花の
先っちょを、折ってくれました。
そのまま口にすると…! なんとも甘くて美味しい!!
みなさんは、有機栽培にこだわって菜の花を栽培しています。
見に来たお客様に摘ませることもあるのだそうです。
今年は「菜の花の摘み取り」を企画し 参加してもらったのだとか。
しかし「摘み取り量を決めてなかった(笑)」と佐藤さん。
みなさんが大喜びする姿で 今年「は」 「よし!」としたそうです。
来年以降も「摘み取り」を計画するということです。

昨年は、7月の大雨の影響で、堆肥や種が流される被害を受けた菜の花畑。
佐藤さんたちは、再度、肥料をまき、種をまいて
菜の花を育てました。その結果「今年は、うんと!いぐ☆咲いた!」^^
とのこと!!
「菜の花に埋まる! ことが出来る!!!」 広大な 「菜の花畑」
20日ころまで、見頃だということです。

*****菜の花畑******************
【大仙市協和小種地区】
秋田市方向から、341号を進み 「淀川」の信号を左折。
左手に看板が見えてきたら、左に入って坂道を上っていくと!
「黄色」が目に入ります!!
****************************

入り口