ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2018年4月11日

海のない羽後町で漁業に取り組む!

かおりです!
道の駅 羽後 端縫いの郷には、新鮮なお魚が並んでいます。
海の幸を届けているのは、羽後町で漁業に取り組む 漁師 今野さんです。
趣味が高じて、脱サラののち、漁師さんになりました。
今野さんのお母さま、今野米子さんは、息子さんが獲ってきた海の幸を
加工して、道の駅に並べています。

2ショット

道の駅 羽後 端縫いの郷がオープンする際、お母さまの米子さんが
駅長さんから「生の魚を置きたい」とお話を聞いたことから
息子さんが 獲ってきた魚を 並べることになったそう。

メバル

今日は、ウスメバルが並んでいました!
昨日はカレイなどもあったそう。

それまで「漁師になりたい」という思いを持っていた息子さんは
道の駅に 魚を並べることになったのを機に、勤めを辞め
漁師となりました。
今は、由利本荘市にある「飛龍丸」という舟に乗り
船長さんと一緒に、男鹿沖~佐渡沖まで 出て漁を行っています。

完売

海のない羽後町で、新鮮でお手頃な値段の「旬の魚」が手に入ることから
お客様にも大人気!売り切れになることも! 
また、お母さまの米子さんが、手にとってすぐに食べられる
煮魚などに加工することで幅広い世代の人に
受け入れられています。
今日は「アンコウの煮こごり(アン肝の味噌添え)」!!

アンコウ

農産物や、お惣菜などの加工品も並べている米子さんは、
息子さんと一緒に 海産物の加工品を並べることもあって
昨年の暮れ、自分用の加工場を作ったのだそう。
今では、息子さんと2人で、加工場に立つこともあるのだとか。
「自分の道」を進む 息子さんをあたたかく見守り
一緒に、前へ向かう米子さん。
「この先はあんかけの料理など、お魚の料理の幅も広げていたい。
山菜も出るし、畑も始まるし、忙しくなりそう!」と
ハツラツとした声で伝えてくださいました!

羽後

道の駅 羽後 端縫いの郷へ行った際には
新鮮な海の幸と、米子さんのお惣菜をぜひ、チェックしてくださいね!