ABS秋田放送

2017年10月6日

イトマン元気村

今日は五城目町にあるイトマン元気村という手焼き煎餅屋さんにお邪魔しました。
実はここ5年前までは縫製工場だったんですが、改装し今年6月に煎餅屋さんとしてオープンしたんです。

外観

イトマン元気村で働いている手焼き煎餅職人の伊藤万次郎さんは今年でなんと81歳になるんです!
煎餅を焼いてまだ2年も経ってないそうですが、右手にトングを持ち左手には押し瓦を持ち、慣れた手つきですばやく煎餅をひっくり返している姿にはびっくりしました!

せんべい焼き

私も体験させてもらいましたが、集中しないとすぐ煎餅の形が悪くなってしまうのでずっと見ていないといけないし、押し瓦は重いし、火の熱さが顔に伝わってきてとても熱いしで大変な作業なのに、その作業を毎日やっている万次郎さんはすごいなと感じました。

体験

万次郎さんはなにか新しいことをはじめたい!この歳でなにか始められることはないか?と考えたときに、煎餅ならこの歳でも焼ける!と思い、また県内に米の手焼き煎餅を売ってるところはない!これだ!と思い、手焼き煎餅職人になることを決めたそうです。
手焼き煎餅職人になるために浅草や草津に行って、修行したそうです。

お米の手焼き煎餅ということで、あきたこまちを使用していてタレには潟上市の三浦醤油を使用しています。
県内産のものを活かした煎餅なんですね!

生地

出来上がり

万次郎さんが焼いてくれた煎餅を食べさせてもらいましたが、ぱりっぱりで醤油の味もしょっぱすぎずちょうどいい味で、優しい味付けでした。
美味しく焼くには勘が大切で、ひっくり返すタイミングなどももちろん大切ですが、その日の天候や湿度もかかわってくるので加減が難しいそうです。
万次郎さんはこのお煎餅を1日に約150枚も焼いているんです!!!朝5時から仕事場に来て作業しているんですよ。ですが万次郎さんは一切大変な顔をせず、元気に、明るく迎えてくれて私が元気をもらった気がします。

お煎餅は、イトマン元気村で購入することができます。見学や体験にも来て欲しいとお話していました。
ぜひ皆さんも、県内ここにしかないお米の手焼き煎餅を食べてみて下さい!!!
お店では、元気で明るい万次郎さんが出迎えてくれますよ。

集合

イトマン元気村
住所 南秋田郡五城目町富津内下山内字下川原6-1
問い合わせ 080-2820-0746